佐野岳:高杉真宙に「ごめん嫌いだわ」 “腹黒”告白で会場騒然?

映画
映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」の公開記念舞台あいさつに登場した高杉真宙さん(左)と佐野岳さん

 俳優の佐野岳さんが10月26日、東京都内で行われた映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」(芦塚慎太郎監督)の公開記念舞台あいさつに、主演を務めた高杉真宙さんらと登場した。自身の“ダークな部分”を聞かれた佐野さんが「結構、腹黒くて…」と切り出すと、高杉さんは「そうなんですか!?」と驚きの表情を浮かべた。

 さらに、佐野さんは「普段ダークな部分が出ないよう、ひた隠しにしている。本当は『お前ら全員消えろ』『(世の中の)役者、俺だけにならないかな』と思っている。真宙っちのことも、ごめん嫌いだわ(笑い)」と“衝撃発言”。会場を一時騒然とさせたが、「冗談ですよ(笑い)。でも人並みの腹黒さはあるので、そういうのは隠しちゃう」と話し、共演者を安心させていた。

 舞台あいさつには、堀田真由さん、長村航希さん、板垣瑞生さん、前田旺志郎さん、芦塚監督も出席。高杉さんは同じ質問に最初、「僕は部屋から出られないとかかな」と答えるも芦塚監督から「通常がそれでしょう」と指摘され、高杉さんは改めて考えることに。

 腕組みをしてずっと考えていた高杉さんは、再び自分の番が回ってくると、「僕さぼるのが上手なんです」と回答。「小さい頃から弟2人に家事させて、僕一人さぼっているのがうまくて。しかもそれがばれず“僕やってます感”出してさぼれるんです」と説明し、「この間、母と電話していて、それがすごいずるいというのをめちゃくちゃ言われた。久々に電話したのに……」と少し不満そうな表情を浮かべていた。

 映画は江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズが原案。名探偵・明智小五郎とその弟子の小林芳雄(小林少年)の子孫たちが、怪人二十面相や自身の宿命と向き合う姿を描く。アニメ「Yes!プリキュア5」や「ノラガミ」などの脚本で知られる赤尾でこさんが実写映画では初めて脚本を手がけ、「ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)」などの芦塚監督がメガホンをとった。また、「FINAL FANTASY」シリーズのイメージイラストなどで知られる天野喜孝さんが怪人二十面相のデザインを担当し、神谷浩史さんが声を務めている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る