鬼滅の刃:舞台版の鬼舞辻無惨のソロビジュアル公開

アニメ マンガ
舞台「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨のビジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社(C)舞台「鬼滅の刃」製作委員会2020

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作の舞台「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)のソロビジュアルが11月4日、公開された。

 鬼舞辻無惨は、鬼の絶対的支配者であり主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の仇敵のキャラクター。無惨を演じる佐々木喜英さんは「大好きなアニメの、大好きなキャラクターを演じさせていただくことを、とてもうれしく思います。『鬼滅の刃』の世界を舞台上に再現してみせますので、ぜひ劇場へお越しください!」とコメントを寄せている。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、凶暴な鬼に変異した妹の禰豆子(ねずこ)を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。4~9月にテレビアニメが放送された。その続編となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が2020年に公開される。

 舞台版は、舞台「刀剣乱舞」や「TRUMP」シリーズで知られる末満健一さんが脚本、演出を担当し、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなどの和田俊輔さんが音楽を担当。「天王洲 銀河劇場」(東京都品川区)で2020年1月18~26日、「AiiA 2.5 Theater Kobe」(神戸市中央区)で同年1月31日~2月2日に上演される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る