WANDS:新ボーカル加入し再始動 「続きをやってみたくなった」

芸能
「WANDS」

 1990年代に、「もっと強く抱きしめたなら」や女優の中山美穂さんと歌った「世界中の誰よりきっと」などが大ヒットしたロックバンド「WANDS」が新たなボーカルを迎えて再始動することが11月13日、分かった。“第5期WANDS”として、第1、2期のギターの柴崎浩さん、第2、3期のキーボードの木村真也さん、ボーカルの上原大史さんが加わって、活動する。同17日に、堂島リバーフォーラム(大阪市福島区)で行われるフリーライブがYouTube LIVEで同時生配信され、来年1月29日に新曲を発表する。

 ボーカルの上原さんは「WANDSは子供の頃から大好きで、ずっと憧れの存在としてリスペクトしていました。そのWANDSにまさか自分がボーカルとして加入することとなり、柴崎さん、木村さんと一緒に音楽制作をしてステージに立つとは思いもしませんでした。自分に務まるか不安はありますが、やるからには覚悟を決めてやらせていただきます」とメッセージを寄せている。

 また、柴崎さんは「続きをやってみたくなった」、木村さんは「皆さんと出会える機会を3人で作っていきたいと思います」とコメントしている。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る