ランティス祭り:初NY公演で熱いパフォーマンス Aqoursの「Guilty Kiss」、JAM Project、TRUE、ZAQがアニメファン魅了

アニメ
米ニューヨークで開催された「Lantis Matsuri 2019 at Anime NYC」の出演者

 アニソンイベント「ランティス祭り」の初となる米ニューヨーク公演「Lantis Matsuri 2019 at Anime NYC」が11月15日に開催され、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優陣によるユニット「Aqours(アクア)」内のユニット「Guilty Kiss」やアニソンユニット「JAM Project」、歌手のTRUEさん、ZAQさんが登場した。コラボ楽曲など計22曲を披露し、会場に集まった約3500人のアニメファンを魅了した。

 イベントは、ZAQさんとTRUEさんによる茅原実里さんの楽曲「境界の彼方」のカバーコラボでスタート。その後、ZAQさんのソロステージが始まり、「激情論」「Serendipity」などを披露した。

 続いて「Guilty Kiss」が登場し、「Strawberry Trapper」「コワレヤスキ」「Guilty Night, Guilty Kiss!」「New Romantic Sailors」をパフォーマンス。ステージが暗転すると、ZAQさんとTRUEさんが現れ、3組で音楽ユニット「妖精帝國」の「空想メソロギヰ」をカバー。さらに、TRUEさんのステージでは、「Blast!」「BUTTERFLY EFFECTOR」「Sincerely」などを披露した。

 最後に「JAM Project」が登場。「THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~」「静寂のアポストル」の2曲を歌唱後、「Guilty Kiss」と共に「牙狼 ~SAVIOR IN THE DARK~」を披露。そして、「限界バトル」「スパロボメドレー~Tread on the Tiger’s Tail~GONG~SKILL」を歌い上げた後、「JAM Project」リーダーの影山ヒロノブさんが出演者を呼び込み、全員で「Starting Style!!2019」を歌唱し、イベントは幕を閉じた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る