ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト:ジオウ対バルカン!? 奥野壮、岡田龍太郎、小原唯和ら仮面ライダー&スーパー戦隊俳優が“筋肉対決”!

芸能
「第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に登場した奥野壮さんら“歴代のジュノンボーイ”

 女性誌「JUNON(ジュノン)」(主婦と生活社)の美男子コンテスト「第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終選考会が11月24日、東京都内で行われ、俳優の小原唯和さん、押田岳さん、岡田龍太郎さん、綱啓永さん、奥野壮さんら“歴代のジュノンボーイ”が登場した。特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズやスーパー戦隊シリーズに出演する岡田さんや小原さんらは、ヒーロー役を演じていることにちなみ、誰が一番腕っぷしが強いかを懸けて「ぶら下がり対決」に挑戦。「仮面ライダージオウ」で明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役の押田さんが上半身裸になって気合を入れるなど、会場を盛り上げた。

 対決は3人ずつで行われた。第1回戦の第1試合は「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でトワ/リュウソウグリーンを演じている小原さん、押田さん、「仮面ライダーゼロワン」で不破諫/仮面ライダーバルカン役の岡田さん。熱戦の末、最後まで残った岡田さんは、「よくそんなので“我が魔王”を守っていたな! 『A.I.M.S.(エイムズ)』の勝ちですよ」とライダーネタで勝利宣言すると、押田さんは「あーもうやめて……」と悔しそうだった。

 続く第2試合は、メルト/リュウソウブルー役の綱さん、「仮面ライダージオウ」で常磐ソウゴ/仮面ライダージオウを演じた奥野さん、同コンテストMCのお笑いコンビ「霜降り明星」のせいやさんが対決し、奥野さんが決勝へとコマを進めた。

 決勝は岡田さんと奥野さんの一騎打ちとなり、最終的に岡田さんが優勝。同コンテスト出身で、対決の“筋肉監修”を担当した武田真治さんは、「ジュノンボーイの中でヒーローものをやっていないのは僕ぐらいなんじゃないのではというほど、皆さんに憧れがある」と切り出し、「どれかと筋肉体操を交換しないか?」と持ちかけ、会場の笑いを誘っていた。

 グランプリには、静岡県出身の渡邉多緒(わたなべ・たお)さん(12)が史上最年少で輝いた。渡邉さんはOSMIC賞も受賞し、ダブル受賞を飾った。

 

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る