鬼滅の刃:コミックス最新18巻が初版100万部 シリーズ累計2500万部突破

アニメ マンガ
「鬼滅の刃」コミックス18巻のカバー (C)吾峠呼世晴/集英社

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」のコミックス最新18巻(集英社、12月4日発売)の初版発行部数が約100万部となることが11月27日、明らかになった。同誌の連載作のコミックスが、ヒットの指標でもある100万部を突破するのは、2013年の「黒子のバスケ」「暗殺教室」以来の快挙となった。電子版を含むシリーズ累計発行部数が2500万部を突破。同作は、今年4~9月に放送されたテレビアニメが人気となり、発行部数が急増。今年9月にコミックス累計発行部数が1000万部を突破したことも話題になっており、破竹の勢いで部数を伸ばしている。

 12月1日からは、「これは、日本一慈(やさ)しい鬼退治」と題したキャンペーンも実施する。東京・渋谷の街中と東京都内の主要駅、大阪市内・JR西日本、名古屋・地下鉄、福岡・西鉄の主要駅にキャラクター18人のポスターが掲出される。期間は、渋谷駅周辺が12月1~15日、東京の主要駅、大阪市内・JR西日本、名古屋・地下鉄主要駅が12月2~8日、福岡・西鉄主要駅が12月4~10日。全国主要書店で「鬼滅の刃」関連書籍を購入すると、同ビジュアルを使用したオリジナルカードがもらえるフェアも実施。特典はなくなり次第終了となる。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、凶暴な鬼に変異した妹を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016年から同誌で連載中。テレビアニメが今年4~9月に放送。劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が2020年に公開される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る