注目映画紹介:「Gのレコンギスタ」第1部「行け!コア・ファイター」 富野由悠季監督の未来へのメッセージ

アニメ 映画
「Gのレコンギスタ I」「行け!コア・ファイター」の一場面(C)創通・サンライズ

 テレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」の劇場版第1部「行け!コア・ファイター」(富野由悠季総監督)が11月29日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)などで上映される。テレビアニメ全26話に新たなカットを追加し、全5部作として上映される。

 「ガンダム Gのレコンギスタ」は、「機動戦士ガンダム」誕生35周年記念作品の一つとしてテレビアニメ版が2014年10月~15年3月に放送。地球のエネルギー源を宇宙からもたらすキャピタル・タワーを守るキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムの冒険を描いた。

 劇場版は、ベルリとヒロインのアイーダ・レイハントン(スルガン)を中心とした物語として描き直す。「Gのレコンギスタ」は情報量の多いアニメだ。富野監督は、より分かりやすくするために、ベルリとアイーダの関係をしっかり描き直すことにしたという。

 クンタラと呼ばれる差別される人々の存在、エネルギー問題、宇宙に出るとはどういうことなのか……などなど感じるところも多いはず。富野監督はこれまで「子供に見てほしい」と発言してきた。未来へのメッセージを込めたのかもしれない。(小西鉄兵/MANTAN) .

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る