山田裕貴:「僕がかっこいいシーンが一切出てこない」 主演ドラマ「SEDAI WARS」を逆アピール

連続ドラマ「SEDAI WARS」制作発表上映会に登場した山田裕貴さん
1 / 12
連続ドラマ「SEDAI WARS」制作発表上映会に登場した山田裕貴さん

 俳優の山田裕貴さんが12月19日、東京都内で行われた主演連続ドラマ「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」(MBS・TBS)の制作発表上映会に、坂本浩一監督と登場。ゆとり世代の主人公、柏木悟を演じる山田さんは、自身の役について聞かれると「僕が今まで演じた役で一番ナヨナヨしている」「僕がかっこいいシーンが一切出てこない」と説明して、会場の笑いを誘った。

 ドラマは、世代間のあつれきでさまざまな問題が深刻化した近未来の日本が舞台。首相に代わり、日本を治める大統領を決める「SEDAI WARS」が開催され、各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルするという内容。山田さんは「SEDAI WARS」の出場者「SEDAI(セダイ)」の一人に選ばれてしまったゆとり世代を演じる。

 メガホンを取った坂本監督とは、山田さんのデビュー作である特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」から4度目の仕事だといい、山田さんは「僕がデビューからお世話になっている監督。すごく楽しみでしたし、成長した姿を見せられたらいいなと思いながら現場に臨んでいました」と笑顔。坂本監督も「毎回お仕事するたびに、どんどん大きい存在になっていた」といい、「今回は『はい、自由にどうぞ』という感じです」と信頼を寄せ、山田さんを喜ばせた。

 また、ドラマの出来栄えに、山田さんは「監督はめちゃくちゃ笑ってた」と自信を見せるも、「身内だけじゃなくお客さんにもにも伝われば。それが一番心配です」といい、「世代別で『これ懐かしい』とか、『そのギャグ知らねえな』とか、ツイッターとかで『私は何世代』とかつぶやいて見てほしい」と、興奮気味に語っていた。

 イベントでは、追加キャストとして、総理大臣秘書役で長澤奈央さん、焼け跡世代の勝役で坂本長利さん、マスコットキャラの声で高山みなみさん、アナウンサー役で宮島咲良さんの出演も発表。「ロスジェネ世代」で出演する出合正幸さん、オープニング主題歌を担当する「Blue Vintage」もサプライズ登場した。MBSで2020年1月5日から日曜深夜0時50分、TBSで同月7日から火曜深夜1時28分に放送。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事