交響詩篇エウレカセブン:劇場版完結編「EUREKA」は「エウレカに寄り添う話」 手描きでロボアクションも

アニメ
「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の上映会に登場した(左から)南雅彦プロデューサー、京田知己監督、名塚佳織さん

 - 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版アニメ第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)の上映会が12月23日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、京田監督、南雅彦プロデューサー、エウレカ役の声優の名塚佳織さんが登場した。京田監督は、完結編となる第3作「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(2021年公開)について「元々、エウレカの話をやりたかったのがこのシリーズ。エウレカという女の子の話をちゃんとやらないとこのシリーズは終わらない。できる限り、彼女に寄り添う話をやりたい」と説明した。

 また、京田監督は「デューイ(・ノヴァク)というキャラクターをどうやって描くのか? 裏の大きな柱でした。テレビシリーズから(デューイ役の声優で2018年に亡くなった)辻谷(耕史)さんありきで作らせていただいていました。作りきることが辻谷さんへのメッセージになれば。そして、エウレカというキャラクターの落としどころをちゃんと作る。この2点を柱としてやっていきたい」と語った。

 南プロデューサーは「このご時世に、手描きでロボットアクションをやります」と明かし、2021年の公開に向けて「完全新作ということで、ちょっとお時間をいただければ……」と話した。

 「エウレカセブン」は、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

 「ハイエボリューション」シリーズは京田監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が2017年9月、第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が2018年11月に公開された。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る