井桁弘恵:女性仮面ライダー役で注目 アクションは「顔が命」? 男性口調に苦戦で悔しい思いも…

アニメ 映画
映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」に出演している井桁弘恵さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの最新映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」が12月21日に公開された。9月に放送がスタートした令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)に、対人工知能特務機関「A.I.M.S.(エイムズ)」の刃唯阿(やいば・ゆあ、仮面ライダーバルキリー)役で出演しているのが、モデルで女優の井桁弘恵さんだ。「仮面ライダー」シリーズ初の番組開始から変身する女性仮面ライダーとして注目を集めている井桁さんに、撮影の日々を振り返ってもらった。

 ◇冬映画「令ジェネ」でアクション増「自分にとって挑戦にもなりました」  

 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」は、冬の仮面ライダー映画シリーズの新作。タイムジャッカーのフィーニス(生駒里奈さん)の歴史改変により、12年前に起きた爆発事故「デイブレイク」以降、ヒューマギアが人間を支配する世界を舞台に、「仮面ライダーゼロワン」の主人公・或人(高橋文哉さん)は、父でヒューマギアの其雄(山本耕史さん)と出会い、ゼロワン誕生の秘密に迫っていく……というストーリーだ。

 映画の見どころとして、まずは「アクション」を挙げる井桁さん。「仮面ライダーゼロワン」本編に比べ、唯阿として変身前の素面(すめん)のアクションが多いといい、「そこは自分にとって挑戦にもなりました」と振り返る。

 ゼクシィ11代目CMガールとして知られ、女性ファッション誌「MORE(モア)」(集英社)のモデルとしても活躍する井桁さんにとって、特撮ドラマにおけるアクションは、未知の世界でもあったが、「敵と戦う上での力強さや体のさばき方はもちろんなのですが、表情がとても大事」で、「体の動きがさほど速くなくても、顔の表情がついていると、それだけで格好よく、強く見える」ということに気づかされたとも話す。

 「私は最初、動きばかりに気を取られてしまっていたのですが、どんなに動きがよくても、不安そうな表情では伝わるものも伝わらないってことを知りました。そこからは、(アクションを)やればやるほど『もっと突き詰めたい』と思うようになりましたし、今まで遠い存在だったアクションがお芝居の延長としてすごく身近に感じられるようになって、今はもっともっと頑張ろうという気持ちでいっぱいです」と前向きに語る。

 ◇女性仮面ライダー役に大反響も「理想とのギャップはまだまだある」

 改めて「仮面ライダーゼロワン」の放送スタートから約3カ月が経過した現在の心境も聞いた。反響は非常に大きいようで、インスタグラムのフォロワー数は放送前と比べて5倍以上となる10万人にも膨れ上がった。井桁さんは「女性仮面ライダーということもあって、ファンの皆さんがすごく興味を持ってくださって、仮面ライダーバルキリーに初めて変身した回では『ポーズが格好よかった』と言っていただけて、すごくうれしかったです」と笑顔がこぼれる。

 一方、唯阿の男性口調にはまだまだ苦戦中だという。「文字で読んでいる分には違和感がないのですが、いざ声に出してみると、言い慣れていない分、どこにどうアクセントを付ければいいのかと迷ってしまう。あとは自分ではやっているつもりでも弱々しく聞こえてしまったりとか、理想とのギャップはまだまだあるなと思っていて……。放送を見るたびに何か違うって、反省しっぱなしです」と苦笑い。

 井桁さんが違和感を感じている部分をファンに指摘されることもあるようで、「自分で自分が悔しくなったりもします」と明かす井桁さん。そこには「ファンに認めてもらえるような仮面ライダーを」という強い思いが見え隠れする。

 今は「役を演じる上で、自分に余裕を持つことはすごく大事なことなんだって感じています」と話す井桁さんは、「唯阿も心に余裕があるから、口調も強くなるし、自信も持てると思うので、私も実生活から余裕を持って生きてみようと実践しているところ。そうすることで唯阿のキャラクターに近づけて、男性口調も身につくと思うので、ここからもっともっと成長できたらと思っています」と誓っていた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る