ネコぱら:八木侑紀、佐伯伊織、森嶋優花が語るとにかく可愛いアニメ 可愛さを意識しすぎず「キャラと同じ気持ちに」

アニメ
アニメ「ネコぱら」に出演する声優の(左から)佐伯伊織さん、八木侑紀さん、森嶋優花さん

 人気ゲームが原作のテレビアニメ「ネコぱら」が2020年1月9日からTOKYO MX、BS11、AT-Xで放送される。人間と似ているようで違う人型ネコが、ご主人様と一緒に過ごすという日々を描くアニメで、とにかく可愛いキャラクターが魅力のアニメだ。ショコラ役の八木侑紀さん、バニラ役の佐伯伊織さん、???(名称未定)役の森嶋優花さんにアフレコについて聞いた。

 ◇3人は誰もネコを飼っていないが…

 --出演が決まった率直な感想、作品の印象を教えてください。

 八木さん オーディションを受けた時から、本当に可愛い!と思っていました。ショコラは真っすぐな元気な子で、これまであまり演じたことがないタイプのキャラクターでした。ショコラをはじめとしたキャラクターがみんな可愛いんです。可愛い!可愛い!というイメージでした。決まった時はすっごくうれしかったです。

 佐伯さん え、私が!? 夢じゃないかな?と思っていました。別のキャラクターでオーディションを受けさせていただいて、スタジオオーディションで「バニラもやってみてください」となり、挑戦しました。オーディションで「ウイスパーっぽく幼いイメージで」とディレクションをいただき、演じましたが、自信がありませんでした。だから、すごくうれしかったです。バニラは最初に見た時から、可愛い!と一番お気に入りでしたし。

 森嶋さん びっくりしました。絶対にこの作品に関わりたい!と思い、オーディションに臨んだので、本当にうれしかったです。オーディションでは短いせりふで思いをどうやって乗せるかを考えていました。???ちゃんはなかなか話さないキャラクターなので、話した時に「しゃべった!」となると思います。

 ー-とにかく可愛い作品です。演技で可愛さを意識することは?

 佐伯さん 可愛さを意識しすぎるよりも、バニラはショコラを好きなことを意識すると、おのずと可愛くなるのかな?と考えていました。キャラクターと同じ気持ちになることが大切なのかもしれません。

 八木さん そうですね。見た目もせりふも可愛い作品。既に可愛いんです。ショコラの無邪気で天真爛漫(らんまん)なところを表現することを意識していました。

 森嶋さん ???は行動がとても純粋なんです。純粋な気持ちを乗せることを意識していました。

 --ちなみにネコ派ですか?

 八木さん この3人は誰もネコを飼っていないんです……。ネコって改めて可愛いんだな!と感じています。

 佐伯さん 私はベタ(魚)しか飼ったことがないんです。3人でネコカフェに行って、勉強しました。

 森嶋さん 役が決まってから、自然にネコの動画を見るようになりました。元々、ネコが好きでしたが、さらに好きになりました。

 八木さん 町中のネコを観察するようになったり。

 佐伯さん アニメを見ると、ネコの習性がよく分かると思います。

 ◇感情の変化、成長も

 --3人の共演は初めて?

 森嶋さん 初めてです。

 八木さん 掛け合いが多いので、皆さんと自然にしゃべるようになって、仲良くなりました。初めての掛け合いの楽しさがありました。

 --アフレコの様子は?

 佐伯さん 第1話はうまくなかなかできないところもあったので、精いっぱい頑張りました。

 森嶋さん 現場に入って、ショコラ、バニラに挟まれていると、自然にできたこともたくさんありました。

 佐伯さん ???ちゃんはせりふになっていない演技も多いんですよね。

 森嶋さん アドリブで息を入れたりするシーンが多いんです。現場のディレクションで作っていくところもありました。???ちゃんは無口だけど、いろいろな感情を持っているので、それを考えながら、自分が思う感情と???ちゃんの感情を重ね合わせ演じました。楽しかったです!

 八木さん ショコラは、???ちゃんという後輩ができて、責任感も生まれ、さまざまな表情を見せていくことになり、成長していきます。

 佐伯さん ショコラはしっかりしないと!という気持ちが芽生えていきますよね。バニラは、ショコラが大好き!という気持ちばかりでしたが、???ちゃんにも興味を示すようになります。これまでと違う感情が生まれ、成長するところがあります。

 --最後に今年の抱負を教えてください。

 八木さん 毎年、同じなのですが、整理整頓ができるようになることです。考え方、スケジュールの整理もできるようになりたいです。自分一人の時間は、自分に甘くなるので、厳しくしていきたい。昨年は、最初は頑張っていたのですが、なかなかできなくて……。

 佐伯さん 昨年はあっという間で、走り続けた一年でした。今年も駆け抜けていきたいと思います!

 森嶋さん 昨年は初めてのことばかりで、新しい出会いもたくさんありました。現場で皆さんに優しくしていただいているので、今年は自分からもたくさん話せるようになりたいです。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る