飯豊まりえ:せりふをかむのも“シライサン”の呪いのせい? 稲葉友「それはまりえさんの責任…」

映画
映画「シライサン」の初日舞台あいさつに登場した飯豊まりえさん(右)と稲葉友さん

 女優の飯豊まりえさんが1月10日、東京都内で行われた主演のホラー映画「シライサン」(安達寛高監督)の初日舞台あいさつに、稲葉友さん、安達監督と登場した。稲葉さんが「警戒心がすごかった」と驚くほど撮影現場で怖がっていた飯豊さんは、「何が起きても“シライサン”が近くに来ちゃったんじゃないかと思うぐらい」と劇中に出てくる呪いのキャラクターに絡めて振り返った。さらに飯豊さんが、「せりふをかんでも、『あっ、シライサンだ!』みたいな」と話すと、稲葉さんから「それはシライサンじゃない(笑い)。まりえさんの責任です」と指摘され、飯豊さんは照れ笑いを浮かべていた。

 稲葉さんは撮影現場での飯豊さんの様子を、「芝居以外のところでも、とびきり怖がっていた。だから自然と冷静になれるというか。僕は怖がっている暇がなかった」と明かし、強烈なインパクトの“シライサン”について、「怖いんですけど撮るときは仲間。スタンバイの椅子に座っている姿は可愛い」とコメント。すると飯豊さんは「可愛く思えてくるのが怖い」と納得がいかない様子だった。

 また、今作はホラー映画初出演となった飯豊さんは、「お話をいただいたとき『よし、叫ぼう』と思って、いろんな日本のホラー映画を見た」と準備について語り、「監督とお会いしたときに、『あまり叫ばないでください』と言われ、ホラー映画のヒロインで叫ぶという醍醐味(だいごみ)が封印されるってどういうことって」と当時の心境を吐露。安達監督の「叫んじゃったらそこで怖さが終わっちゃいそう」という説明を聞き、「そう聞くと、(叫びを封印して挑んだ今作は)新しいホラー映画が生まれたのでは」と手応えを語った。

 映画は、「視線をそらすと、殺される……」という「シライサン」の呪いを描くホラー作品。両目の眼球が破裂した死体が連続して発見される事件が起こる。死因は心不全だが、死の直前、何かにおびえ、とりつかれたようになっていたという奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊さん)と弟を失った春男(稲葉さん)はその死因を不審に思い、共に事件を調べ始める……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る