ゲゲゲの鬼太郎:テレビアニメ第6期が3月に放送終了

アニメ マンガ
「ゲゲゲの鬼太郎」テレビアニメ第6期の「最終章ぬらりひょん編」のビジュアル(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期(フジテレビほか)が3月をもって放送を終了することが1月21日、明らかになった。2018年4月にスタートした第6期が、約2年の歴史に幕を下ろす。第6期が放送中のフジテレビの毎週日曜午前9時の枠は、4月からアニメやゲームが人気の「デジモン」シリーズの新作「デジモンアドベンチャー:」が放送される。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガ。1968~69年にテレビアニメ第1期が放送され、半世紀にわたって愛され続けてきた人気作で、第6期は2007~09年に放送された第5期以来、約9年ぶりの新作。ブラック企業、SNS依存、移民問題などが描かれたことが話題になったほか、8頭身のモデル体形の美女となったねこ娘も人気を集めている。

 沢城みゆきさんが鬼太郎、第1期などで鬼太郎を演じた野沢雅子さんが、父の目玉おやじの声優を務める。「最終章ぬらりひょん編」が放送中。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る