夏帆:夫役・間宮祥太朗と元恋人役・妻夫木聡との“三角関係”を懺悔 「罪深い気持ちに…」 映画「Red」完成披露

映画「Red」の完成披露プレミア上映会に登場した夏帆さん
1 / 12
映画「Red」の完成披露プレミア上映会に登場した夏帆さん

 女優の夏帆さんが1月29日、東京都内で行われた主演映画「Red」(三島有紀子監督、2月21日公開)の完成披露プレミア上映会に、俳優の妻夫木聡さん、間宮祥太朗さんらと登場した。夫と子供がいながらかつての恋人に引かれてしまう村主塔子を演じている夏帆さんは、役作りで夫役の間宮さんと子役の3人で遊園地に行き、「そういう経験をしたことがないから幸せだった」と話すも、同じ日に元恋人役の妻夫木さんとキッチンスタジオでシチュー作りを実施。「一体これは何の日なんだろう。ああ塔子……って(笑い)。罪深い気持ちになりました」と、役どころそのままの心境になったことを語った。

 そんな夏帆さんについて、妻夫木さんは「とてもうそのない方。(夏帆さんは)役に対してどうアプローチしていいか分からないという気持ちを素直に吐露していたし、顔にもすぐ出ちゃっていた(笑い)。すごくうそがなくて好きだった。悩んで悩んで初めて成立するものなので、最後まで戦っていた姿がすばらしかった」と絶賛した。

 聞いていた夏帆さんは、顔に出ていたことについて、「すみません……」と恐縮するも、「今回悩んでいるということを妻夫木さんにぶつけてみようと最初に決めていた」とコメント。「どういうふうに関係性を築いていこうと思った時に、分からないまま接するより全部自分を見せるじゃないですけど、その方が距離感を縮められるのでは、と。全部顔に出ていたと思うんですけど(笑い)。妻夫木さんは全部受け止めてくださいました。ありがとうございました」と感謝していた。

 映画は、直木賞作家の島本理生さんの同名小説が原作。誰もがうらやむ夫に可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていたはずだった、村主塔子(夏帆さん)。ある日、かつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木さん)に10年ぶりに再会する。ずっと行き場のなかった塔子の気持ちは、鞍田によりほどかれていくが、鞍田には“秘密”があった……というストーリー。

写真を見る全 12 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る