今週シネマ:1月31日公開の映画「AI崩壊」「前田建設ファンタジー営業部」…話題作続々

映画「AI崩壊」の一場面 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会
1 / 1
映画「AI崩壊」の一場面 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。1月31日は、俳優の大沢たかおさん主演の「AI崩壊」(入江悠監督)、俳優の高杉真宙さん主演の「前田建設ファンタジー営業部」(英勉監督)が公開された。

 「AI崩壊」は、映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」(2017年)が高く評価された入江監督のオリジナルストーリーで、10年後の近未来を舞台に、医療AI(人工知能)が人間を殺し始めるというサスペンス作。本来、人間を幸せにするために作られ日々進化を続けるAIが、もし人間に牙をむいたら? 普段、誰もが危惧していることを真っ向から描いた作品だ。

 2030年、人間のために作られた医療AI「のぞみ」が突然暴走し、人間の命を選別し始めた。AIを暴走させたテロリストとして捜査線上に上がったのは、開発者の科学者、桐生浩介(大沢さん)。逮捕寸前に逃走した桐生を、警察庁の捜査官・桜庭誠(岩田剛典さん)率いるサイバー犯罪対策課がAI監視網を駆使して追う。

 桐生と共にAIを研究・開発した桐生の亡妻役で松嶋菜々子さん、桐生の義弟役で賀来賢人さん、警視庁捜査1課の刑事役で三浦友和さん、広瀬アリスさんらが出演する。

 「前田建設ファンタジー営業部」は、総合建設会社・前田建設工業(東京都千代田区)のファンタジー営業部の実話を基にした物語。永井豪さん原作のロボットアニメ「マジンガーZ」に登場するマジンガーZの地下格納庫兼プールを造ったらどうなるのか。そんな突拍子もないプロジェクトに挑んだサラリーマンたちの戦いを描く。

 物語は、前田建設工業広報グループの上司アサガワの「うちの技術で、マジンガーの格納庫を作ろう!」という一言から始まる。舞台となる2003年は、バブル経済崩壊を経て、建設業界が先行きに不安を抱えている状況だった。そんな中でアサガワが考え出したのが、アニメやマンガの世界をブルーオーシャン(新市場)として、そこからの発注を受け、実現を目指して検討する……という体裁のプロジェクトだった。

 高杉さんが、広報グループの冷静な若手社員ドイを演じ、熱血上司アサガワ役でお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さんが出演。プロジェクトに挑む個性豊かな広報グループのメンバーを上地雄輔さん、岸井ゆきのさん、本多力さんが演じている。2013年に「前田建設ファンタジー営業部」の舞台版を手がけた「ヨーロッパ企画」の上田誠さんが脚本を担当した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る