来週のスカーレット:第18週「炎を信じて」 喜美子、八郎の猛反対を押し切った結果… そして物語は7年後へ!

テレビ
NHKの連続テレビ小説「スカーレット」第18週の一場面 (C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、2月3日から第18週「炎を信じて」に入る。

 大阪から戻ってきた喜美子(戸田さん)は、穴窯の薪(まき)代をまかなうために借金をする。八郎(松下洸平さん)とは別居が続き、一方で百合子(福田麻由子さん)と信作(林遣都さん)はようやく結婚写真を撮影する。6回失敗しても穴窯をあきらめることはできない喜美子に会いに、草間(佐藤隆太さん)が信楽にやってくる。草間に話をしたことでより一層、決意を固めた喜美子は、八郎の猛反対を押し切って7回目の窯焚(かまた)きを始める。窯の上部が破れて炎が上がるが、喜美子は信念のもとに薪を投げ入れ続け、ついに理想の色の焼き物を手にする。

 7年後、喜美子は陶芸の実績を上げ、個展も開催。息子の武志(伊藤健太郎さん)は高校2年生で進路に悩んでいる。武志は、八郎にも相談し、陶芸を学ぼうと大学受験を決める。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる究極の“働き女子”川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手掛け、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

 第17週「涙のち晴れ」では、八郎は喜美子に経済的な負担を理由に穴窯を中断するよう告げるが、喜美子は聞く耳を持たず失敗を繰り返す。あきれて家を出る八郎。一方、喜美子も百合子(福田麻由子さん)に促され、気分転換のため大阪へ。そこで、ちや子(水野美紀さん)ら懐かしい顔ぶれと再会を果たした喜美子は……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る