三森すずこ:「デジモン」空役でピヨモン役・重松花鳥に感謝 「ピヨモンが私を空にしてくれた」

劇場版アニメ「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」の公開記念舞台あいさつの様子
1 / 1
劇場版アニメ「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」の公開記念舞台あいさつの様子

 アニメやゲームが人気の「デジモン」シリーズの新作劇場版アニメ「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」(田口智久監督)の公開記念舞台あいさつが2月22日、東京都内で行われ、三森すずこさんら16人の声優陣と田口監督が登場した。2015~18年に劇場版が公開された「デジモンアドベンチャー tri.」から引き続き、武之内空を演じている三森さんは、当初は演じることが「本当にプレッシャーで、すごく不安だった」と明かした。アフレコ現場で、ピヨモン役の重松花鳥さんが、そんな三森さんを気遣ってくれたといい、「花鳥さん、ピヨモンが私を空にしてくれた。感謝の気持ちでいっぱいです」と思いを語った。

 三森さんは、「tri.」のアフレコ初日を「花鳥さんが、初日から『空だ!』と言ってくれて、すごくうれしかった」と振り返り、「ピヨモンが空に『空はいつも人のことばかり考えているけど、大丈夫?』というように、花鳥さんが心配してくれて、支えてくださった」と語った。

 「デジモン」は、1997年6月に携帯ゲームが発売。テレビアニメ第1弾が1999~2000年に放送され、息の長いコンテンツとして親しまれている。新作は「PERSONA3 THE MOVIE」「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」などの田口さんが監督を務め、「デジモン」シリーズの初代プロデューサーを務めた東映アニメーションの関弘美さんがスーパーバイザーとして参加する。2000~01年に放送されたテレビアニメシリーズ第2弾「デジモンアドベンチャー02」のメインキャラクターが登場することも話題になっている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る