仮面ライダー:“ゲイツ”押田岳、平成仮面ライダーの「重みを感じて芝居」 サプライズで“ジオウ”奥野壮も 「ゲイツ、マジェスティ」舞台あいさつ

アニメ
イベントに登場した奥野壮さん(左)と押田岳さん

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)で明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)を演じた押田岳さんが2月28日、東京都内で行われたVシネマ「仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」(諸田敏監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。歴代2号ライダーの力を受け継いで戦う物語を演じるのにプレッシャーを感じたかを聞かれた押田さんは、「レジェンドの皆さんにとっては、ウォッチを渡すときが仮面ライダーの“卒業式”になる、というのを『(仮面ライダー)鎧武』の佐野岳さんに話してもらって。力を受け継いでいく重みを感じて芝居はしていたし、平成を締めくくる仮面ライダーとしてふさわしい役者になれたらいいなとは思っていた」としみじみコメント。しかしサプライズで駆けつけた常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)役の奥野壮さんから、「その話をされたのは俺だけどね(笑い)」と明かされ、押野さんは「僕が聞いたのは奥野さんから」と照れ笑いを浮かべていた。

 「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」は、テレビシリーズ最終回の“その後”を描くVシネマ。今作では普通の高校生となった、“ゲイツであってゲイツではない”という役どころに、押田さんは、「ゲイツというキャラを1年間演じてきて体に染みついているものがあるので。そこは自分に任せて、あとは引き算。ゲイツの堅いキャラを崩していく作業をいろいろ考えて工夫しました」と役作りを説明。そんな押田さんの演技を、奥野さんは、「完全に(テレビ版とは)別物だと思って見ていた。戦うときのゲイツはかっこいいけど、また新たなゲイツの姿が見られた」と絶賛した。

 押田さんは、「鎧武(佐野さん)、ガタック(佐藤祐基さん)、クイズ(鈴木勝大さん)など、所属する事務所に特撮関係の先輩方がいっぱいいる。普段から芝居とか殺陣とかのけいこを一緒にやったりするので、いつか一緒に画面の中に立ちたいというのが僕の第一歩目の目標だった。それが『ジオウ』という作品を通して達成できたのはうれしい」と感謝。「いい作品を作れたと思っています。これからも何回か見ていただいて『ジオウ』を忘れないでいてくれたらうれしい」と呼びかけていた。

 舞台あいさつには、大幡しえりさん、板垣李光人さん、紺野彩夏さん、兼崎健太郎さん、諸田監督も出席した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る