今週シネマ:2月28日公開の映画 「初恋」、Vシネマ「仮面ライダージオウ」スピンオフ…話題作続々

映画「初恋」の場面写真(C)2020「初恋」製作委員会
1 / 1
映画「初恋」の場面写真(C)2020「初恋」製作委員会

 今週の注目公開映画をピックアップする「今週シネマ」。2月28日に三池崇史監督の初の恋愛もので、窪田正孝さん主演の映画「初恋」、Vシネマ「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」(諸田敏監督)が公開された。

 「初恋」のヒロインは、3000人からオーディションで選ばれた新星の小西桜子さん。そのほか、大森南朋さん、染谷将太さんら実力派キャストが集結している。医師から余命宣告を受けたボクサーが、偶然出会った少女と共に、裏社会の抗争に巻き込まれていくオリジナルストーリー。ピュアな恋と、バイオレンスアクションという“三池ワールド”が炸裂(さくれつ)する。

 天涯孤独のプロボクサー、葛城レオ(窪田さん)は、まれな才能を持ちながら格下相手にKO負けし、医師からは余命わずかだと告げられる。失意のうちに新宿・歌舞伎町をうろついていると、大伴刑事(大森さん)に追われたワケありの少女モニカ(小西さん)と出会う。レオはモニカと行動するうちに、大伴刑事とヤクザの双方から追われることになる……という展開。

 「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」は、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)の最終回のその後を描いたスピンオフ作品。それぞれの進路を決めようとしているゲイツ(押田岳さん)、ソウゴ(奥野壮さん)、ツクヨミ(大幡しえりさん)ら普通の高校生たちが、再び仮面ライダーに変身して戦う。

 柔道でメダルを取る夢に向かって練習に励むゲイツは、試合中に再起不能のけがをして選手生命を絶たれてしまう。傷心のゲイツの前に、謎の青年がウォッチとドライバーを差し出して言う。「私はウォズ。君を救世主に導くためにやって来た。そうでないと、常磐ソウゴが最低最悪の魔王として、その名を轟(とどろ)かせる」。クラスには、海東大樹と名乗る転校生も現れ……。

 このほかに、お笑い芸人のバカリズムさんが原作・脚本・主演を務めた映画「架空OL日記」(住田崇監督)が28日に公開された。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る