稲垣吾郎:秘めたる朝ドラへの思い 14歳で初出演「役者を一生やっていきたいと心に誓った」 次週「スカーレット」登場

テレビ
NHK連続テレビ小説「スカーレット」第22週から医師の大崎茂義役で登場する稲垣吾郎さん (C)NHK

 稲垣吾郎さんが、戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)に医師の大崎茂義役で登場する。今回、約30年ぶりの朝ドラで、前回の出演は1989年前期放送の「青春家族」。稲垣さんは当時14歳だったという。「共演者の皆さんが僕の演技やアドリブを褒めたり励ましてくださったりして自信になりました。そのとき、役者を一生やっていきたいなと心に誓ったんです」と明かす稲垣さんが、朝ドラへの秘めたる思いを語った。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる究極の“働き女子”川原喜美子(戸田さん)の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手掛け、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

 稲垣さん演じる大崎は、喜美子が病院で知り合う医師。息子の武志(伊藤健太郎さん)が病気になった際の主治医で、穏やかで親しみやすく、武志と、その母・喜美子を精神的にも支えていく……という役どころ。3月2日からの第22週「いとおしい時間」から登場する。

 今回、出演のオファーをもらい、「とてもうれしく思いましたし、びっくりしました」と明かす稲垣さん。また「僕にとって朝ドラは特別なんです」といい、「(『青春家族』に出演した頃)まだ14歳だった僕は、部活をやっていたわけでも学校で優秀だったわけでもなく、褒められたことがあまりなかったのですが(笑い)、共演者の皆さんが僕の演技やアドリブを褒めたり励ましてくださったりして自信になりました。そのとき、役者を一生やっていきたいなと心に誓ったんです」と振り返ると、「そういう原体験を作ってくれた朝ドラにまたいつか出演したいと強く思っていたので、とても光栄です」と語ってみせた。

 演じる医師の大崎は、「一見風変わりに見えるかもしれませんが、何か突拍子もないことをするわけではなく、医者としての信念を持ち、理想と現実に苦しみながらも、ヒロイン・喜美子と息子の武志を支えていく誠実な医者だと思いながら演じています」との印象だ。

 また、「内田(ゆき)チーフプロデューサーからいただいた言葉がすごく印象的でした」と話していて、「これから喜美子は息子の病気という苦難を迎えるわけですが、その中で、“生きる”ということをテーマにしたお話にしたいとおっしゃっていて……。希望や勇気、そして生きることを、視聴者の皆さんにもう一度考えていただく作品になるよう、その一部として貢献できたらいいなと思います」と意気込んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る