増岡弘さん:マスオさん、ジャムおじさん役の人気声優が死去 83歳

アニメ
増岡弘さん

 「サザエさん」のフグ田マスオ役や「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役などで知られる声優の増岡弘さんが直腸がんのため3月21日に亡くなったことが明らかになった。83歳。通夜、葬儀は家族葬で済ませており、お別れ会については、故人の意思により行わない。

 増岡さんは、1936年、埼玉県生まれ。マスオ(2代目)役やジャムおじさん役のほか、「ドラゴンボールZ」の亀仙人(2代目)役など声優として数々のアニメや洋画の吹き替えを担当。温かみのある語り口でナレーターとしても親しまれ、特撮ドラマ「百獣戦隊ガオレンジャー」のほか、近年は「有吉くんの正直さんぽ」や「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」などバラエティー番組のナレーションも務めていた。第12回声優アワードで「功労賞」を受賞している。

 2019年8月に、「高齢のため」として約40年間務めたマスオ役と約30年間務めたジャムおじさん役を“卒業”。マスオさんの後任は田中秀幸さん、ジャムおじさんの後任は山寺宏一さんが務めている。「有吉くんの正直さんぽ」のナレーションは今年に入っても続けていた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る