白石麻衣:乃木坂46として「Mステ」ラスト出演 最後は笑顔で「ありがとうございました」

アイドル テレビ
白石麻衣さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、4月3日放送のテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」3時間スペシャルに登場。3月25日に発売した25枚目のシングル「しあわせの保護色」の活動をもって同グループを卒業することを発表しており、乃木坂46としてのMステ出演は今回が最後となった。

 放送では冒頭、2018年の「シンクロニシティ」が披露されたほか、またVTRでは、白石さんのMステ全出演シーンが一挙公開された。過去のVTRを見た白石さんは「すごく懐かしい気持ちになりましたし、初登場の時は『ミュージックステーション』に出られるってすごくみんなで喜んだのを、覚えています」とにっこり。タモリさんからMステ最後のパフォーマンスの意気込みについて聞かれると、「本当にたくさんお世話になったので、いいパフォーマンスをお届けできるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 ラストパフォーマンスでは、白石さんが初めてセンターを務めた2013年の「ガールズルール」と、「しあわせの保護色」の2曲をメドレーで披露。メンバーたちに囲まれ、ハイタッチするダンスなどを交え、歌い終えると、笑顔で「ありがとうございました」と手を振り、あいさつしていた。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る