セーラームーン:劇場版アニメ「Eternal」特報 「神々しい」「鳥肌」と話題 「月の光は時を超えた愛のメッセージ」も最高!

アニメ マンガ
劇場版アニメ「美少女戦士セーラームーンEternal」前編の特報の一場面(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」製作委員会

 武内直子さんの人気マンガが原作のアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの新作劇場版アニメ「美少女戦士セーラームーンEternal」の前編(9月11日公開)の特報が4月24日に公開された。スーパーセーラームーンらセーラー戦士の姿にSNSでは「神々しい」「可愛い!!!」「久しぶりに心ときめきました」と話題になっている。特報は、1990年代に放送されたテレビアニメのオープニング「ムーンライト伝説」の印象的な鐘の音で始まり、「イントロ聴いただけで鳥肌」「めちゃくちゃテンション上がる」という声も上がっている。

 特報は、スーパーセーラームーンらセーラー戦士が技を繰り出す様子や制服姿の月野うさぎたちが笑顔で肩を組む姿が描かれ、ペガサスの姿をしたエリオスが、うさぎ、ちびうさと出会うシーンも。最後は三石琴乃さん演じるうさぎの「月の光は時を超えた愛のメッセージ」というせりふが流れ、「最高」「朝から心撃ち抜かれた」と大きな反響を呼んでいる。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1992~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された人気マンガが原作で、テレビアニメも同期間に放送された。ドジで泣き虫な月野うさぎが、愛と正義の美少女戦士に変身し、仲間の戦士たちと活躍する姿が描かれている。

 劇場版アニメ「Eternal」は、「美少女戦士セーラームーン Crystal」の第4期「デッド・ムーン編」が前後編で描かれる。第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋さんが監督を務め、「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」などのキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子さんがキャラクターデザインを手がける。原作者の武内さんが監修する。

 特報の公開を記念したツイッターのキャンペーン「#月の光は時を超えた愛のメッセージ SNS キャンペーン」も実施。劇場版の公式ツイッターをフォローして、ハッシュタグ「#月の光は時を超えた愛のメッセージ」をつけて、セーラームーンの思い出や劇場版への期待をツイートすれば、参加できる。抽選でティザーポスターを5人にプレゼントする。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る