アニメ1週間:「鬼滅の刃」ローソンコラボ 「進撃の巨人 The Final Season」はMAPPA制作

アニメ
ローソンの「鬼滅の刃」キャンペーンで販売される「炭治郎の漆黒炒飯風おにぎり」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable(C)Lawson, Inc.

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(5月24~30日)は、アニメ「進撃の巨人」の「The Final Season(ファイナルシーズン)」をMAPPAが制作するニュースや「鬼滅の刃(きめつのやいば)」とローソンのコラボキャンペーンが実施される話題などが注目された。

 5月24日、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜から放送されることが分かった。野沢由香里さんがダメダメ大学生・木ノ下和也の祖母の和、赤坂柾之さんが和也の幼なじみの木部芳秋、梶原岳人さんが和也の友人の栗林駿をそれぞれ演じることも発表された。水原千鶴ら4人のヒロインが描かれたキービジュアルも公開された。

 24日、人気ゲームクリエーターの麻枝准(まえだ・じゅん)さんが原作、脚本を手がけるテレビアニメ「神様になった日」で、佐倉綾音さんがメインヒロイン・ひなの声優を務めることが分かった。「Charlotte(シャーロット)」などの浅井義之さんが監督を務めることも発表された。

 25日、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」とローソンのコラボキャンペーンが、6月2日から実施されることが分かった。ローソン店舗で「炭治郎の漆黒炒飯風おにぎり」(130円)や「禰豆子の竹パン」(140円)などを販売するほか、対象商品の購入者にオリジナルグッズをプレゼントする。

 25日、ブレイブ文庫(一二三書房刊)の人気ライトノベル「チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~」が、アニメ化されることが明らかになった。

 26日、テレビアニメ「うらみちお兄さん」に声優として木村良平さん、鈴村健一さん、小野大輔さんが出演することが分かった。アニメは、教育番組に出演する体操のお兄さんが主人公の人気マンガが原作で、木村さんはMHKの販売企画部に所属する木角半兵衛、鈴村さんはデジタル企画部の上武裁人、小野さんはバーCAT KICKの店長である猫田又彦をそれぞれ演じる。

 27日、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の新作テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」で、種崎敦美さんが主人公・ダイの声優を務めることが分かった。同日、YouTubeのVジャンプチャンネルで配信された発表会で発表された。豊永利行さんがポップ、小松未可子さんがマァム、早見沙織さんがレオナ、櫻井孝宏さんがアバン、梶裕貴さんがヒュンケルをそれぞれ演じる。テレビ東京系で10月から放送される。

 27日、小説投稿サイト「小説家になろう」から生まれたりゅうせんひろつぐさんのライトノベル「賢者の弟子を名乗る賢者」がテレビアニメ化されることが分かった。マイクロマガジン社からライトノベルとコミックスが刊行されており、シリーズ累計発行部数は100万部以上。

 28日、アニメソングの大型ライブイベント「Animelo Summer Live 2020 -COLORS-」が、予定していた8月28~30日の開催を延期することが分かった。新型コロナウイルス感染症の影響で延期されることになった。今後は、繰り越し公演を2021年8月27~29日に開催することを目指し、再始動する。

 29日、諫山創さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「進撃の巨人」の「The Final Season」を「ユーリ!!! on ICE」「ゾンビランドサガ」などのMAPPAが制作することが分かった。同作はこれまでWIT STUDIOが制作してきたが、「The Final Season」は新スタッフが制作。「ドロヘドロ」などの林祐一郎さんが監督を務める。テレビアニメのシーズン1~3の全59話を再編集した劇場版アニメ「『進撃の巨人』~クロニクル~」が7月17日から期間限定で上映されることも発表された。

 30日、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された人気グルメマンガが原作のテレビアニメ「食戟(しょくげき)のソーマ」の第5期「食戟のソーマ 豪(ごう)ノ皿」が、7月3日深夜から順次、放送が再開されることが分かった。「豪ノ皿」の第1話から放送される。「豪ノ皿」は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、第3話以降の放送が延期されていた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る