PS5:本体デザインを初披露 白を基調としたデザイン ディスクドライブがない「デジタル・エディション」も

ゲーム
公開されたプレイステーション5。左がディスクドライブのない「デジタル・エディション」

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは6月12日、次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)5」の本体デザインを初披露した。白を基調としたデザインで、Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えたスタンダードなモデルのほか、ディスクドライブがない「デジタル・エディション」が用意されることも明かされた。

 同日早朝に行われたオンライン映像イベントで明かされたもので、ワイヤレスコントローラーとチャージングステーション、HDカメラ、ワイヤレスヘッドセット、メディアリモートといった周辺機器もお披露目された。

 PS5は超高速アクセスが可能なカスタムSSDとAMD社製カスタムチップセットを搭載し、ロード時間を大幅に短縮。また、コントローラーには従来の振動技術に代わりハプティック技術を搭載、L2・R2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用する。物理メディアにUltra HD Blu-rayを採用し、ゲームディスクとしての容量は100GBになる。今年の年末商戦期に発売予定で、価格は未定。 

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る