MIU404:“ラムちゃん”平野文の登場に反響 「どっかで聞いたことある声だと思ったら」

テレビ
平野文さん(左)が出演したドラマ「MIU404」の第1話のワンシーン。右は星野源さん(C)TBS

 綾野剛さんと星野源さんダブル主演の連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が6月26日に放送された。第1話のゲストとして、アニメ「うる星やつら」のラム役で知られる声優の平野文さんが、初回で巻き起こる事件のキーパーソンとなる、明るく優しいおばあちゃん役で出演。SNSでは、「おばあちゃんどっかで聞いたことある声だと思ったら平野文さんだった」「声をちゃんと聞いて震えた」など注目を集めた。

 「MIU404」は、警察内部で“何でも屋”とやゆされながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルであるという架空の設定の臨時部隊「第4機動捜査隊」が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す、1話完結の刑事ドラマ。

 タイトルの「MIU」は、「Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)」の頭文字で、「404」は綾野さんと星野さんが演じる機動捜査隊員の2人を指すコールサインだという。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などで知られる野木亜紀子さんが脚本を手がけるオリジナルドラマ。

 ドラマの放送前に、平野さんは「(塚原あゆ子)監督からのリクエストは、思わず心配したくなるような、ばーちゃん。もちろん、声だけでの演技ではありません。メークさんをはじめとするスタッフ陣の職人技に、大いに助けていただきました。果たして……。あとは“塚原マジック”に委ねるだけ、だっちゃ、です!」とコメントしていた。

 SNSでは、「平野文さんのお声すぐ分かった 素敵なおばあちゃまだった」「おばあちゃんが文さんだったのか。平野文さん、ラムちゃんだっちゃ~」などの声があがった。また、この日初公開されたシンガー・ソングライターの米津玄師さんが担当した主題歌「感電」を引き合いに、「このおばあちゃん、ラムちゃん! 雷記念日と感電」というコメントもあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る