高橋李依:テレビアニメ「彼女、お借りします」 桜沢墨役の挑戦 繊細、丁寧に

アニメ マンガ
「彼女、お借りします」で桜沢墨の声優を務める高橋李依さん

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜1時25分から放送される。ヒロインの一人で、極度な人見知り、けなげで頑張り屋の桜沢墨の声優を務めるのが高橋李依さんだ。墨を演じることは「挑戦」だったという高橋さんにアフレコについて聞いた。

 ◇自分の個性ではなく墨ちゃんの個性を

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女・水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に「週刊少年マガジン」で連載がスタートした。

 アニメは、高橋さんをはじめ、水原千鶴役の雨宮天さん、七海麻美役の悠木碧さん、更科瑠夏役の東山奈央さんといった豪華声優陣が集結した。高橋さんが演じる墨は、会話もままならないほどの極度の人見知りで、自分を変えようと努力しているキャラクターだ。

 「キャストの皆さんのお名前を聞いて、安心したんです。本当にぴったり! 自分も頑張らないと!って。初めて原作を読んだ時、実は千鶴を(雨宮)天ちゃんの声で脳内再生していたこともあり、すごく頼もしかったんです! 個人的に、墨ちゃんのようなキャラクターはなかなか演じる機会もなかったので、新しい挑戦だと思いました」

 高橋さんはこれまで元気な女の子だったり、男の子だったりさまざまキャラクターを演じてきた。墨はこれまで演じたことがないタイプだったこともあり、不安もあったという。

 「出演が決まり、うれしかったけど、私でいいのかな……?と不安はありました。良くも悪くも癖が付いてきてしまった自分のお芝居ではなく、墨ちゃんの個性を出し切りたくて。私のクセが出てしまうと、墨ちゃんに迷惑がかかる……と思っていました。自分を消していくという意味で、繊細な挑戦でした」

 ◇引っ込み思案、人見知り そこだけに収まらない芝居を

 高橋さんは丁寧に墨と向き合い、繊細に演じた。

 「墨ちゃんは人見知りですが、そこだけに収まらないキャラクター性を楽しんでいただきたく、丁寧で繊細なリアクション、息を意識してみました。台本の『……』や、せりふとしては記載のない『気合を入れる』というト書きに対して、墨ちゃんならオーバーめに気合を入れるのかな?と考えたり。音響監督さんと相談しながら音を入れていきました」

 放送前に公開された墨のキャラクターPVを見ると、墨のせりふは極端に少ない。

 「PVでは4言くらいでした(笑)。本編は、モノローグがあったり、墨ちゃんの心の中の声がせりふになっていて。実は墨ちゃん、心の中ではおしゃべりなんです。ぜひ楽しみにしていてほしいですね。彼女たちと電話ができる“かのかりコール”というサービスも、電話口で一生懸命頑張っています。そちらもよろしくお願いします!」

 アニメは、繊細で丁寧に墨と向き合った高橋さんの演技が大きな見どころの一つになりそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る