注目ドラマ紹介:「妖怪シェアハウス」小芝風花、民放連ドラ初主演のホラーコメディー 松本まりか、毎熊克哉らが妖怪に!

テレビ
連続ドラマ「妖怪シェアハウス」初回の場面写真=テレビ朝日提供

 女優の小芝風花さん主演の連続ドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)が8月1日にスタートする。2019年の連続ドラマ「トクサツガガガ」(NHK)での隠れ特撮オタク役などコメディエンヌとして評判の高い小芝さんの民放連続ドラマ初主演作品。ダメ彼氏にお金も仕事も家も奪われたどん底気弱女子・目黒澪(小芝さん)が、妖怪たちが生活するシェアハウスで妖怪たちに助けられながらたくましく成長するホラーコメディーだ。

 「ケイゾク」「SPEC」シリーズなどを手掛けた西荻弓絵さん、「世にも奇妙な物語」シリーズなどで知られるブラジリィー・アン・山田さんらが脚本を担当するオリジナル作品。

 妖怪たちが現代に生きていて、都内でルームシェアをしているという設定。松本まりかさんが「四谷怪談」のお岩さん、毎熊克哉さんが酒呑童子、池谷のぶえさんが座敷童子、大倉孝二さんがぬらりひょんを演じる。2話では「皿屋敷」のお菊、4話では今話題のアマビエ、6話ではギャルメイクのやまんばが登場する。物語中盤では、妖怪たちと共に過ごす澪が、自分でも気付かないうちに妖怪化するという。

 味方良介さんがシェアハウスの大家で陰陽師の水岡譲、内藤理沙さんが澪がアルバイトとして働き始める編集プロダクションの同僚の山中美雪、宮本茉由さんが若手編集者・柳沙羅、大東駿介さんが編集プロダクションの社長・原島響人、柾木玲弥さんが澪のダメ彼氏・奥園健太郎を演じる。

 初回は、健太郎のせいで借金を背負い、借金取りに追われた澪が、健太郎に助けを求めて部屋へ向かったが、そこにはほかの女性の姿があった。実は二股をかけられ、自分が二番目だったと知る。

 人に嫌われることを恐れ、空気を読みながら真面目に生きてきた澪は、特にやりたいこともなく、とりあえず就職できた会社で事務として働いていた。そんな中、出会ったおしゃれなイケメン・健太郎は、とんでもないダメ男だった。デート代や趣味の時計を買うお金は全て澪が払い、健太郎の仕事のミスもかぶった。

 会社をクビになり、借金を背負い、家も追い出された澪は、失意のなか道端で倒れてしまう。伊和(松本さん)という女性に助けられて空き部屋で寝かせてもらったが、夜中に目覚め、居間をのぞくと、そこには妖怪たちの姿が……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る