MANGA 都市 TOKYO:“東京”舞台のマンガ、アニメ、特撮集結の展覧会 「ゴジラ」「エヴァンゲリオン」「AKIRA」…「ラブライブ!」電車再現も

アニメ マンガ
「MANGA 都市 TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020」の様子

 8月12日から国立新美術館(東京都港区)で開催される展覧会「MANGA 都市 TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020」の内覧会が11日実施され、怪獣映画「ゴジラ」、アニメ「AKIRA」、「エヴァンゲリオン」シリーズなどの展示がお披露目された。

 「MANGA 都市 TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020」は、2018年にパリで開催され、3万人以上を動員した「MANGA・TOKYO」の凱旋(がいせん)企画。東京を舞台にした日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品90タイトル以上をセレクトし、500点以上のマンガ原画、アニメ制作資料、東京にまつわる歴史資料などを展示し、東京の歴史を振り返る。

 会場には、1000分の1の縮尺で再現された、幅約17メートル、長さ約22メートルの巨大な東京の都市模型と大型スクリーンが登場し、「AKIRA」「エヴァンゲリオン」シリーズなどの人気作の映像が映し出される。

 展示はセクションに分かれ、「破壊と復興の反復」セクションでは、「AKIRA」「エヴァンゲリオン」シリーズ、「ゴジラ」「陽だまりの樹」などを展示。「東京の日常」セクションでは、「シティーハンター」「3月のライオン」「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」「美少女戦士セーラームーン」「あしたのジョー」などが展示され、新旧の名作が集結する。

 「キャラクターvs.都市」セクションでは、ゲームやアニメが人気の「ラブライブ!」シリーズで2016年に実施されたJR山手線キャンペーンの電車内を再現した展示も登場する。

 展覧会は、8月12日~11月3日に開催。入場料は一般1600円、大学生1200円、高校生800円。中学生以下は無料。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る