思い、思われ、ふり、ふられ:アニメに実写版キャストがカメオ出演 浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二が文化祭に

アニメ 映画 芸能
「思い、思われ、ふり、ふられ」に出演する(左から)鈴木毬花さん、潘めぐみさん、浜辺美波さん、福本莉子さん(C)2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

 「アオハライド」「ストロボ・エッジ」などで知られる咲坂伊緒さんの人気マンガが原作の劇場版アニメ「思い、思われ、ふり、ふられ」(黒柳トシマサ監督、9月18日公開)に、同作の実写映画版のキャストの浜辺美波さん、北村匠海さん、福本莉子さん、赤楚衛二さんがカメオ出演することが8月26日、分かった。北村さん、赤楚さんは文化祭に来ている男子生徒役、浜辺さん、福本さんは同じく文化祭に来ている女子生徒役として出演。浜辺さんは文化祭で上映される劇中劇「いつか世界の片隅で」に登場する母親チヨ、福本さんは娘のアユコも演じる。

 浜辺さんは「マイクに向かってしゃべるということが久しぶりの経験だったので、もうガチガチに緊張しました」とコメント。北村さんは「短い時間だったので、もうちょっと遊べば良かったなって後悔しています(笑い)。僕もアニメがずっと好きなので、しかも僕らが実写で演じた映画のアニメーション版に少しでも参加できたことがうれしかったです。完成が楽しみですね」と話している。

 「思い、思われ、ふり、ふられ」は、マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載されたマンガが原作。ダブルヒロインの朱里と由奈、理央と和臣の4人の高校生男女の恋模様を描く。声優として島崎信長さん、斉藤壮馬さん、潘めぐみさん、鈴木毬花さんが出演する。実写映画版が公開中。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る