EX-ARMエクスアーム:テレビアニメが2021年1月スタート クランチロールEXPOに斉藤壮馬、木村好克監督出演

「EX-ARMエクスアーム」のビジュアル(C)古味慎也・HiRock/集英社・「EX-ARM」製作委員会
1 / 4
「EX-ARMエクスアーム」のビジュアル(C)古味慎也・HiRock/集英社・「EX-ARM」製作委員会

 古味慎也さん画、HiRockさん作のSFマンガが原作のテレビアニメ「EX-ARMエクスアーム」が、2021年1月にスタートすることが8月31日、分かった。同作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定していた7月からの放送を延期していた。

 9月4~6日(現地時間)に米国で開催されるオンラインアニメイベント「VIRTUAL CRUNCHYROLL EXPO(バーチャルクランチロールエキスポ)2020」に主人公アキラ役の斉藤壮馬さん、木村好克監督が出演することも発表された。

 「EX-ARMエクスアーム」は、2030年の東京を舞台に、超常的な能力を持った兵器EX-ARMを巡る犯罪組織と警察の戦いを描いている。2015年に「グランドジャンプ」(集英社)で連載が始まり、2017年12月~2019年6月に集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載された。新章「EX-ARM EXAエクスアームエクサ」が「グランドジャンプ増刊むちゃ」(同)で連載中。

 アニメは、斉藤さんが主人公アキラを演じるほか、小松未可子さん、鬼頭明里さんが声優として出演する。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事