仮面ライダーゼロワン:“刃唯阿”井桁弘恵がファンに感謝 最終回迎え「寂しい」も「本当に幸せでした」

アニメ テレビ
「仮面ライダーゼロワン」刃唯阿(仮面ライダーバルキリー)役の井桁弘恵さん

 人気特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)が8月30日に最終回を迎え、刃唯阿(仮面ライダーバルキリー)を演じた井桁弘恵さんが自身のSNSでコメントを発表。「最終話、見てくださった方ありがとうございました」とファンに感謝しつつ、「あぁ、本当に終わってしまったんだって、寂しいですね」と心境をつづった。

 それでも「こうやって1年間皆様に支えられて刃唯阿という役を演じきれて本当に幸せでした」と充実感をにじませ、最後は「ありがとうございました」ともう一度、感謝の言葉で締めくくった。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わってから、1作目となる仮面ライダーで、テーマは「AI=人工知能」。ヒューマギア(人工知能搭載型ロボ)が実用化された世界を舞台に、AI企業「飛電インテリジェンス」の青年社長・飛電或人(仮面ライダーゼロワン)が、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく姿が描かれた。

 また、番組公式サイトでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた「劇場版 仮面ライダーゼロワン(仮)」の公開が12月18日に決まったことも発表されている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る