砕け散るところを見せてあげる:中川大志&石井杏奈W主演映画が来年4月9日公開に 本編未使用の映像使ったSPトレーラーも

映画「砕け散るところを見せてあげる」のメインビジュアル(C)2020 映画「砕け散るところを見せてあげる」製作委員会
1 / 2
映画「砕け散るところを見せてあげる」のメインビジュアル(C)2020 映画「砕け散るところを見せてあげる」製作委員会

 俳優の中川大志さんと女性ダンス&ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」のメンバーで女優の石井杏奈さんがダブル主演を務める映画「砕け散るところを見せてあげる」(SABU監督)が、2021年4月9日に公開されることが分かった。当初、5月8日に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で公開日が延期となっていた。映画のスペシャルトレーラー第1弾も公開された。

 SABU監督制作のスペシャルトレーラーで、映画本編では未使用の映像を使用。蔵本玻璃(石井さん)の父(堤真一さん)が南京錠を付けた部屋を開けるシーンや濱田清澄(中川さん)が空を見上げる姿などが収められている。今後、第2弾以降も制作を予定しているという。

 映画は、竹宮ゆゆこさんの同名小説が原作。どこにでもいる普通の高校3年生の清澄は、“学年一嫌われ者”と呼ばれて孤立していた1年生の玻璃を、いじめの手から救い出そうとする。次第に清澄は玻璃の愛らしさと心の美しさに気づき、玻璃は清澄に感謝と憧れの思いを抱きながら、2人は心の距離を縮めていく。しかし、玻璃には誰にも言えない秘密があり、玻璃を守り抜こうとする清澄にも恐るべき危険が迫る……というストーリー。井之脇海さん、清原果耶さん、松井愛莉さん、北村匠海さん、矢田亜希子さん、木野花さん、原田知世さんも出演する。

 また、ポーランド・ワルシャワで開催される「第36回ワルシャワ国際映画祭」の「国際コンペティション部門」への正式出品も決定。SABU監督は「コロナでこれまでの日常が奪われた。劇場で映画が見られないのは本当につらかった。映画は人の心を豊かにする大切な娯楽の一つだと改めて感じました」と語り、「僕は観客の皆さんの声や反応を原動力に映画を作ってきました。お客さんの声を早く聞きたい。そんな中、ワルシャワ国際映画祭からコンペティション部門で招待! うれしくて飛び上がりました。今回のコロナで隠れたヒーローたちが話題になりました。昼夜を問わず舞台裏で活動し、病人や弱い立場にある子供たちを支えるヒーローたちです。今作にもそんなヒーローが登場します。娯楽映画であること以上にアートフィルムとしての性質を多く備え、個性的で美しく、記憶に残る作品です。映画を見て楽しんでぜひ声を聞かせてください!」とコメントを寄せている。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る