仮面ライダーセイバー:ヒロイン川津明日香 初回放送に「どっきどき」 ツイッターで心境つづる

アニメ テレビ
川津明日香さん(2017年撮影)

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)が9月6日スタートした。初回放送後、ヒロイン須藤芽依役の川津明日香さんがツイッターにコメントを投稿。「セイバー第1話いかがでしたか!!! どっきどきしながら見てました」と“うれし泣きマーク”付きで心境をつづった。

 さらに川津さんは、「芽依どうだったかなあ?」とファンに問いかけると、「来週は癖の強めな倫太郎(山口貴也さん)が登場しますよ! 次回も絶対見てねー!!!」とアピールした。

 川津さんは2000年2月12日生まれ、東京都出身の20歳。女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2014」でグランプリを獲得し、Seventeenモデル(STモデル)として2018年3月まで活動した。女優としては2016年の連続ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)、2017年の連続ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」(日本テレビ系) などに出演。昨年放送の連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の最終回では、フェイク動画に登場した景山澪奈役を演じて話題となった。

 「仮面ライダーセイバー」は、“令和仮面ライダー”2作目で、「聖なる刃」と書いて「セイバー」。小説家の神山飛羽真(内藤秀一郎さん)が、突如消失した世界の一部を元に戻すべく、炎の剣士・仮面ライダーセイバーとして戦う物語。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る