神谷浩史:映画クレしん最新作は「最高傑作」 ぶりぶりざえもんの声で「私が主役だから」

アニメ 映画
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」の公開記念舞台あいさつの様子

 声優の神谷浩史さんが9月12日、東京都内で行われた劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」(京極尚彦監督)の公開記念舞台あいさつに登壇。人気キャラクターのぶりぶりざえもんの声優を担当した神谷さんは、本作について「映画クレヨンしんちゃん史上、最高傑作だと思っています。なぜなら『この私が主役だからだ!』」とぶりぶりざえもんの声で語り、しんのすけ役の小林由美子さんから「(私が)主役」と突っ込まれていた。

 舞台あいさつには山田裕貴さん、りんごちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、京極監督も登壇した。

 映画は、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国ラクガキングダムが登場。地上でのラクガキが減り、崩壊の危機に直面していた王国は、命運を懸けて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行する。地上の春日部が大混乱の中、ミラクルクレヨンを授けられ勇者となったしんのすけが、世界の平和のためにラクガキたちと力を合わせて戦う姿を描く。アニメ「ラブライブ!」「宝石の国」などの京極さんが監督を務め、映画「婚前特急」「そこのみにて光輝く」などの高田亮さんが脚本を担当する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る