秋田汐梨:「nicola」から「Seventeen」“王道”進む次世代ヒロイン 初ラブホに感動? 女優業への思い

芸能 テレビ
ABEMAのオリジナルドラマ「17.3 about a sex」で主人公の一人、皆川祐奈を演じる秋田汐梨さん

 9月17日から配信がスタートするABEMAのオリジナルドラマ「17.3 about a sex」に、主人公の一人、皆川祐奈(みながわ・ゆな)役で出演するモデルで女優の秋田汐梨さん(17)。ドラマは、17歳の女子高校生3人が痛みや苦しみを伴いながら恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描く恋愛物語で、秋田さん、永瀬莉子さん、田鍋梨々花さんの現役Seventeenモデルがトリプル主演を務めている。秋田さんと言えば、昨年春までローティーン向けファッション雑誌「nicola(ニコラ)」(新潮社)の専属モデルとして活躍。Seventeenモデルの先輩の飯豊まりえさん、永野芽郁さん、清原果耶さんらと同じ道を進む次世代ヒロインの一人。そんな秋田さんにドラマや女優業について語ってもらった。

 ドラマは、世界の初体験平均年齢である「17.3歳」を迎える女子高生3人組を主人公に、性にまつわる「思わず議論したくなるテーマ」を1話完結で描く。主演の秋田さん、田鍋さん、永瀬さんは女優に加え、女子中高生に絶大な人気を誇るティーン向け女性ファッション誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルとしても活躍している、16~18歳の現役女子高生だ。

 ◇

 秋田さん演じる祐奈は劇中で経験豊富で早熟な女子高生として描かれている。祐奈について秋田さんは、「『経験豊富』って聞くと『遊んでいる』とか、『自分を大切にしていないんだろうな』と思われてしまうんですけど、祐奈ちゃんは、ちゃんと一人一人に向き合って恋をしていて、彼女なりにそのときそのとき本当にいちずに相手を思っている可愛い子。本当に明るい性格なので、3人で話をしているシーンでは、テンションが落ちないように意識して演じています」と笑顔を見せる。

 ドラマについては、「最初に作品のテーマを聞いたときはびっくりしました」としながらも、「プロデューサーの方から話を聞いて、今この時代にこういったドラマが作られる意味を感じて、参加させていただけることは有り難いことだなって思いましたし、撮影に入るのが楽しみになりました」と振り返る。

 撮影では「台本に知らない単語がたくさん出てきて、意味を調べながらやっている」といい、「撮影で初めてラブホテルに入ったのですが、設備がいろいろと整っていて感動しました」と感想を語る秋田さん。さらに「今までの作品では真顔がすごく多かったのですが、今回は明るい子なので、表情がコロコロ変わるところも見せられればと思います。監督にも『笑顔もいいね』って言っていただけたので、私の新しい一面を楽しんでもらえたら」とファンにアピールしていた。

 ◇

 昨年、菅田将暉さん主演で1月期に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)に生徒役で出演。同年9月に公開された映画「惡の華」で、主人公が片思いをするクラスのマドンナを演じた際には、原作者のマンガ家・押見修造さんや、メガホンをとった井口昇監督から、演技を絶賛された。

 今年に入ってからも、山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」(MBSほか)でヒロインを演じるなど、一歩一歩着実に女優として成長を遂げている秋田さん。「日常で経験できないことを経験できるっていう意味でも女優業はすごく楽しいです。『ホームルーム』のときのように人に歯磨きしてもらうのも初めてでしたし、役としてはシリアスだったのですが、演じているときは楽しくて(笑い)。本当に役に没頭できたときは本番の記憶がなくなるくらい。そういった経験がこれまで数回あったので、ちゃんと集中できていたんだなとあとから思えるのも楽しいです」とうれしそうに話している。

 憧れの女優は、やはりSeventeenモデルの先輩の「森川葵さん」だ。秋田さんは「森川さんはどの作品を見ても全く違う性格、人間に見えるのですごいなって思って。私も森川さんのように、いろいろな役を演じ分けられる女優さんになりたいです」と力を込めていた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る