JAM Project:初のドキュメンタリー映画が2021年公開 結成20周年で“誰もみたことのないJAM Project”も

アニメ
「JAM Project」のドキュメンタリー映画「JAM Project the MOVIE(仮)」のティザービジュアル(C)2021「JAM Project THE MOVIE」FILM PARTNERS

 今年結成20周年を迎えたアニソンユニット「JAM Project」の初となるドキュメンタリー映画「JAM Project the MOVIE(仮)」が、2021年に公開されることが明らかになった。映画では、2019年の結成記念ライブから約15カ月間、同ユニットに密着し、“誰もみたことのないJAM Project”が映し出されるという。ライブの模様を収めたティザービジュアル、スペシャル映像も公開された。

 JAM Projectは、アニソン界を代表するシンガーらによって2000年に結成された。現メンバーは、影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさん、奥井雅美さん、福山芳樹さんの5人で、メンバー自身が楽曲制作にも携わっている。

 影山さんは、ドキュメンタリー映画について「昨年からずっと撮影スタッフと共に行動し、たくさんのシーンを撮りためてきました」とコメント。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全てが一瞬で変わったといいといい、「この俺たちのドキュメンタリー映画も中止になるのかと思われました。でも、撮影スタッフらは言いました。このコロナ禍も含めて2020年、20周年を迎えたJAM Projectの真のドキュメンタリーだと。嘘(うそ)偽りない等身大の俺たちの姿をぜひ見てやってください」と話している。

 奥井さんは「JAM Projectのファンの皆様にはもちろん、アニメやアニソンが好きな方、同業者の皆さんや関係者の方々にもぜひ見ていただきたいです。産み落とした楽曲たちと共に大切な作品。今までに無い大きな『生きた証し』を残す機会をいただき、本当に感謝しています。公開を楽しみにしてます」と語っている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る