乃木坂46齋藤飛鳥:“後輩”山下美月&梅澤美波との共演で「気を使わせた」

映画 アイドル
映画「映像研には手を出すな!」の「公開記念! 前夜祭舞台あいさつ中継付き上映会」に登場した「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんが9月24日、東京都内で行われた映画「映像研には手を出すな!」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、9月25日公開)の「公開記念! 前夜祭舞台あいさつ中継付き上映会」に登場。3人は同作で、同じ映像研究同好会(映像研)に所属する浅草みどり、水崎ツバメ、金森さやかをそれぞれ演じており、乃木坂46の1期生の齋藤さんが、3期生の山下さんと梅澤さんに、撮影で「私が気を使わせてしまっていることが多かった」と明かした。

 山下さんも、「(齋藤)飛鳥さんは5年も先輩。結構気を使うことが多かったり、しゃべることも少なかった」と認めながら、「(撮影では)3人で力を合わせないと乗り越えられないシーンもあった。今ではなんでも話せる関係になりました」と関係性の変化を明かした。

 また、齋藤さんは「(演じた)浅草に力を借りました。“浅草氏モード”になったら、2人に頼みごともできるし。浅草のおかげで仲良くなったと言っても過言ではないです」と話すと、梅澤さんは、自分が演じた金森が浅草の頭をたたくシーンを引き合いに、「金森になっていなかったら、恐れ多すぎてたたけないので……」と振り返った。

 舞台あいさつには、桜田ひよりさん、板垣瑞生(みずき)さん、赤楚衛二さん、英監督も登壇。赤楚さんは、齋藤さん、山下さん、梅澤さんとの共演について「3人ともせりふが覚えが完璧で。その夜テレビを見たら3人が歌っていて、『せりふどこで覚えた!?』って思いました」と明かし、板垣さんも「完全敗北」と絶賛していた。

 「映像研には手を出すな!」は、大童澄瞳(おおわら・すみと)さんの人気マンガが原作。自分の考えた“最強の世界”で大冒険することが夢の浅草みどり(齋藤さん)、アニメーター志望でカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下さん)、プロデューサー気質の金森さやか(梅澤さん)が、映像研究同好会を立ち上げ、アニメ制作に打ち込む姿を描く。今年4~5月には映画の前日譚(たん)となる連続ドラマが放送された。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る