鬼滅の刃:過去最強の敵・魘夢とは? 不穏な言葉 妖しさ… 劇場版「無限列車編」で炭治郎と激突

アニメ マンガ
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に登場する魘夢(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開される。劇場版では、テレビアニメ版で主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が戦ったどの鬼よりも強い、過去最強の敵・魘夢(えんむ)が登場する。魘夢とは一体どんな鬼なのだろうか……。

 ◇精鋭・十二鬼月とは… これまでの戦い

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、凶暴な鬼に変異した妹を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016~20年に「週刊少年ジャンプ」で連載された。テレビアニメが2019年4~9月に放送。

 魘夢は、鬼の中でも強い力を持つ精鋭・十二鬼月(じゅうにきづき)の下弦(かげん)の壱を務める。そもそも、全ての鬼を生み出した元凶は、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)だ。鬼舞辻は、炭治郎の妹・禰豆子(ねずこ)を鬼にしたように、血を与えることで人間を鬼にすることができ、全ての鬼の頂点に立つ絶対的な存在である。鬼たちは、人間よりはるかに優れた身体能力や回復力を持ち、鬼の中には、血鬼術(けっきじゅつ)と呼ばれる特殊な能力を使う者もいる。

 血鬼術は、道や壁に沼を作り、人間を引きずり込んだり、目に見えない矢印を使い相手の動きを操ったりとさまざまなものがある。十二鬼月は、並外れた能力の鬼の中でもさらに強大な力を持つ鬼舞辻直属の精鋭だ。十二鬼月は、上弦(じょうげん)と下弦のそれぞれ6人ずつで構成され、上弦の壱が最も強く、下弦の陸が最弱となる。

 炭治郎は、かつて十二鬼月の下弦の陸の実力を誇っていた響凱(きょうがい)と対峙(たいじ)し、鼓をたたく度に部屋を回転させたり、爪状の斬撃を放ったりする血鬼術を前に、心が折れそうになってしまったことがあった。人間の体を引き裂くほどの硬い糸を放つ下弦の伍の累(るい)とも激突。響凱以上の力を持つ累に、刀も折られてしまい、絶体絶命の危機に追いやられた。炭治郎が死の間際に繰り出したヒノカミ神楽、覚醒した禰豆子の血鬼術・爆血(ばっけつ)で何とか累を追い詰めることに成功した。

 ◇鬼舞辻無惨の血でさらなる力 平川大輔の熱演に期待

 劇場版で炭治郎たちの前に立ちはだかるのは、響凱や累よりも、はるかに強い力を持つ下弦の壱の魘夢だ。テレビアニメ版では、ほかの下弦の鬼たちが、鬼舞辻の怒りに触れて次々と消滅させられる中、魘夢は「ほかの鬼の断末魔を聞けて楽しかった」と恍惚(こうこつ)の表情を浮かべ、自ら命を差し出そうとする姿が印象的だった。その異質さを目の当たりにした鬼舞辻は、「気に入った」と言い、鬼の力を強める自身の血を分け与える。血に適合し、さらなる強さを手に入れた魘夢に、鬼舞辻は「鬼殺隊の柱と炭治郎を殺せばもっと血を分ける」とささやく。

 劇場版の予告映像では、魘夢が「夢を見ながら死ねるなんて、幸せだよね」と不穏な言葉を発する場面もあった。炭治郎が「起きろ、攻撃されている!」と誰かを鼓舞するような場面もあり、魘夢の血鬼術は“夢”に関係しているのかもしれない。魘夢の手の甲に口のようなものもあり、攻撃方法も注目される。

 魘夢の声優を務めるのは「Free!」の竜ヶ崎怜役や「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース」の花京院典明役などでも知られる平川大輔さん。クールな役柄を演じることの多い平川さんだが、「鬼滅の刃」の魘夢は、仲間の断末魔さえ楽しんでしまう妖しさや狂気を感じる演技が魅力となっている。平川さんの熱演も期待される。

 ◇無限列車に調査に向かった炭治郎と激闘

 魘夢は、劇場版の舞台となる無限列車に乗車し、炭治郎たちを待ち構える。40人以上の行方不明者が出てしまい、炭治郎は、鬼殺隊の同期である我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)と調査に向かう。炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)が一足先に調査に乗り込んでおり、炭治郎たちと合流する。

 数々の強敵を討ち取ってきた炭治郎たちと、底知れぬ血鬼術を使う魘夢との戦いの行方は……。手に汗握るアクションが期待できそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る