諏訪部順一:テレビアニメ「呪術廻戦」で両面宿儺に 印象的な高笑いは…

アニメ マンガ
「呪術廻戦」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」。“呪いの王”の両面宿儺(りょうめんすくな)の声優を務めるのが諏訪部順一さんだ。両面宿儺は圧倒的な存在感で、原作でも強烈なインパクトを残すキャラクター。独特の笑い声も印象的だ。諏訪部さんに両面宿儺役にかける思いを聞いた。

 ◇「とにかく上から」 尊大さ、超越した凄み

 「呪術廻戦」は、強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載中。コミックスのシリーズ累計発行部数は850万部以上。アニメは、MBS・TBS系の深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で放送中。

 諏訪部さんが演じる両面宿儺は、とにかく強く、尊大な存在。その指を取り込んだ虎杖の体に受肉することになる。諏訪部さんは、キャラクターから「凄(すご)み」を感じているという。

 「両面宿儺は非常に尊大なキャラクターです。こういったタイプのキャラクターは過去に数々演じたことがありますが、その中でも屈指の存在感ですね。この世のすべてを超越した彼からは、とてつもない凄みを感じます。長きに渡り抑圧状態にあったことも加わってか、『面白そう』という純粋な好奇心が主な行動原理。しかしながら、決して傲岸不遜(ごうがんふそん)というわけではなく、冷静に状況を分析するクレバーさを見せたりもします。掘り下げていくと、パッと見のイメージよりも遥かに多面的。そういったところに面白みを感じながら演じています」」

 諏訪部さんは、重厚で色気のある芝居に定評がある。尊大で強力な両面宿儺は、ハマり役にも見えるが、オーディションでは「手応えがなかった」と明かす。

  「どのように表現したらいいのか? いかようにも作ることができるキャラクターという印象でした。実際、オーディションでもいくつか雰囲気を変えたテークを求められて演じました。ですので、決定の連絡をいただいたものの『どれがビンゴだったんだろう?』と困惑しました(笑い)。そんなこともあって、アフレコがスタートするまでは、かなり緊張していましたが、走りながら固めていこう!と腹をくくって飛び込みました。内面的なものを前倒してくみ上げるために原作の週刊連載を毎号熟読しています。アニメではまだ描かれていない先のシーンで見せた言動をしっかりと、なるべく早く自らの血肉にするために。そうすることで、より説得力を持った両面宿儺をお見せできるのではないかと思って」

 原作でも強いインパクトを残すキャラクターで、特に独特の高笑いが印象的だ。諏訪部さんは、意識していることを「原作のファンの皆さんが感じているであろうイメージをいかに表現するかに注力しています」と話す。

 「リサーチしたところ、印象的な高笑いがどう表現されるのか気になるという原作ファンの方が多いようでした。めちゃくちゃプレッシャーを感じていますが、それを感じさせないよう頑張っています。『とにかく上から目線』というディレクションをいただいているので、それも忘れず。マンガの中の文字表現としては成立しても、それをそのまま字面通りに読んでしまうと、その場面の雰囲気が求めるものとは異なるものになってしまうことがあります。アニメは動きのある映像と音で表現するもの。演出として意図的に変えている部分もあるんですよ」

 ◇榎木淳弥の演技の刺激も

 両面宿儺は、虎杖の体に受肉する。普段は、虎杖に抑え込まれているが、顕在化すると、虎杖の体が変化する。榎木淳弥さんが虎杖を演じているが、諏訪部さんは、榎木さんの演技を意識しているわけではないという。

 「2人は別個の存在。宿儺は虎杖と感情を共有しているわけではありませんし、何だったら発声だって虎杖の肉体に依存していないかもしれません。ですから、虎杖の容貌であったり、榎木くんの演技だったりはまったく意識せずに演じています。とりあえず現状は(笑い)」

 榎木さんが演じる虎杖を意識して両面宿儺を演じているわけではないが、榎木さんの演技に刺激を受けている。

 「榎木君とは共演経験もありますのでお人柄も存じていますが、実は彼には熱い主人公よりもクールなライバルがよりフィットするようなイメージを持っていたりします。虎杖は正統派主人公っぽくもありますが、どこかいびつなところもあったりして。危うさというか、狂気じみたダークさも持っているので………。結果イイ感じです(笑)。榎木君が高い熱量で演じる虎杖を、軽く上からあざ笑うのが両面宿儺。負けないよう、自分も高いモチベーションで臨んでいます」

 「任された役割を、求め以上に務められるように」という強い思いもある。

 「近頃は、先生や師匠、兄貴的な役を演じる機会が増えました。主人公をはじめ、若いメインキャラクターたちの導き手となるようなポジションです。両面宿儺もそういうニュアンスが無きにしも非ずな感じかと。キャラクターたちの関係性だけでなく、演者としても、キャリアの中で多少なり積み重ねてきたものを後輩たちに伝えていければと思う部分はあります。自身もまだまだ道半ばではありますが。任された役割を、求め以上に務められるように頑張りますので、ご視聴どうぞよろしくお願いします!」

 「出番がありそうで、そこまで多いわけでもないので、その中で、視聴者の方にいかに印象付けていくかが課題ではあります。頑張っていかないといけません」と話す諏訪部さん。両面宿儺は、強烈なインパクトを残しそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る