乃木坂46和田まあや:コメディエンヌの才能開花!? 舞台「ハイスクール!奇面組3」でヒロイン河川唯に

芸能 マンガ アイドル
「舞台『ハイスクール!奇面組3』 ~危機一髪!修学旅行編~」に出演する「乃木坂46」の和田まあやさん

 1980年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された新沢基栄さんのギャグマンガ「ハイスクール!奇面組」の舞台版第3弾「舞台『ハイスクール!奇面組3』 ~危機一髪!修学旅行編~」が、11月18~23日に草月ホール(東京都港区)で上演される。一堂零ら変わり者の5人組・奇面組らが繰り広げるドタバタが描かれ、テレビアニメ化もされた人気作で、舞台版第3弾は、アイドルグループ「乃木坂46」の和田まあやさんが、ヒロインの河川唯(かわゆい)を演じる。乃木坂46の第1期生で“バラエティー界の宝”とも言われる和田さんが、いわゆる2.5次元の舞台に出演するのは初めて。舞台の演出を手がけるなるせゆうせいさんは、和田さんを「コメディエンヌの空気を持っている」と評する。和田さん、なるせさんに舞台への意気込みを聞いた。和田さんは、「舞台『ハイスクール!奇面組3』」でコメディエンヌの才能を開花させるのだろうか……。

 ◇ポイントは幼少期の木登り?

 --「ハイスクール!奇面組」はご存じでしたか?

 和田さん 知らなかったんです。アニメを見たのですが、一人一人のキャラが濃くて、面白かったです! 舞台でどんな動きをするのかな!? 私にできるのかな?と楽しみになりました。ギャグがドリフみたいなんですよね。

 なるせさん たしかにドリフっぽいですよね。

 --普段はマンガを読んだり、アニメを見ることは?

 和田さん あんまりないんです。子供の頃も外で遊んでばかりで、真っ黒に日焼けしていました。田舎だったので、周囲にお店も何もないですし、自転車競争したり、木登りをしたりしていました。

 --出演が決まって感じたことは?

 和田さん まさか出演させていただけるとは、思っていなかったんです。大丈夫かな?と。でも、すごくうれしかったです。親が「奇面組」を見ていたので、すごく喜んでくれました。「河川唯ちゃん!? できるの?」って(笑い)。頑張りたいです。

 --これまでの舞台版を見ていかがでしか?

 和田さん アニメの動きがそのままで、ずっと動いているんです。すごいんですよね。

 なるせさん しんどいですよ。変な筋肉を使います。コメディーは体力が必要だし、本気でバカをしないといけない。ずっと全力なんです。

 -ー和田さんの起用理由は?

 なるせさん 前から「トップクラスのコメディー向きのメンバーがいる」とは聞いていて、和田さんを見て「なるほど、面白いな!」とは感じていました。どこかでハマれば……と考えていたところ、「奇面組」をやることになり、あの子かも……と点と点が線でつながった。演技を見て、いけるかな?となりました。

 --いけるかな?となったポイントは?

 なるせさん コメディエンヌの空気を持っているんですね。その場にいると、みんなが幸せになったり、面白くなる。そういう空気ですね。

 --演技力とは違う?

 なるせさん そうなんです。演技経験がなくてもいいんです。

 和田さん うれしいです! ただ、期待に応えられるか……。

 なるせさん それはそれでいいんじゃないかな。いい意味で期待を裏切ってもいいし。そういう空気は、出そうと思って出せるものでもない。幼少期から木登りをしていたり、そういうところから培われているのかもしれません。人間の素養なんですよね。

 和田さん 木登りをしていてよかったです。

 ◇ファンに恩返しを

 --「奇面組」は1980年代を中心に人気を集めた作品です。ギャグは今でも通用する? 普遍的な魅力があるのでしょうか?

 なるせさん あると思います。子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめるドタバタコメディーです。くしくもこういう時代だからこそ、やる意味があるはずです。今回の舞台は、修学旅行が描かれます。この時代、修学旅行に行けない人もいるかもしれないですし、せめて舞台で楽しんでいただきたいですしね。笑いが制限されそうな時代でもありますが、それを覆すようなことをやっていいとも思っています。ギャグも古くなっていないはずです。逆に新しく感じるかもしれません。体を使ったドタバタは減っていますし。泥臭さ、熱量を出しやすい作品だから演劇との相性もいいです。(和田さんは)木登りをしていたから大丈夫だよ。

 和田さん そんなに木登りが重要だったんですね(笑い)。運動には自信があるので、動き回りたいです。

 なるせさん キャストは、名だたる方々ばかりなので、けいこでもいい意味でちゃんとしていないと思います。いろいろ仕掛けてくるので、それに対応しないといけない。でも、きちっとしなくてもいい。仕掛ければ返してくれるし、失敗しても拾ってくれるので、いろいろやっちゃってもいいんじゃないかな。

 --ビジュアルも公開されました。撮影はいかがでした?

 和田さん 初めてのウイッグで、キャラクターになりきるのも初めて。楽しかったです。アニメと一緒の格好だ!と。唯ちゃんになっていく自分を鏡で見て、やるんだな!と気合が入りました。

 なるせさん ピンクの髪は合う人と合わない人がいるので、やってみるまで分からなかった。でも、違和感がないんですよね。普段からピンクでもいんじゃないの?

 和田さん うれしいですが、普段からピンクは……。

 --けいこはこれからですが、どんな舞台にしたい?

 和田さん まだ想像できないところもあります。出演させていただけることになり、ファンの方がすごく喜んでくれたので、恩返しをしたいです。できるんだぞ!というところを皆さんに届けたいです。ファンの皆さんあっての私。応援していただけるから、頑張れるんです。

 --ファンの方にメッセージをお願いします。

 和田さん キャラクターを演じるのは初めてですし、挑戦する姿を見ていただきたいです。ファンの方に直接会えるのも楽しみです。ファンの方と直接会うのが、2月のライブが最後だったので、久しぶりです。最近は、オンラインばかりなので……。久しぶりだから、ちょっと恥ずかしいところもありますね(笑い)。頑張るので、ぜひ見にきてください!

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る