小栗旬:星野源に呼び捨てリクエスト 初共演を経て「かなり仲良くなりました」 映画「罪の声」公開直前イベント

映画
映画「罪の声」の公開直前イベントに出席した小栗旬さん

 俳優の小栗旬さん、星野源さんが10月22日、東京都内で行われた映画「罪の声」(土井裕泰監督、10月30日公開)の公開直前イベントに出席。小栗さんは「最近、自分からオファーしたんですが『旬と呼んでくれ』と言ったので、普通に僕のことを旬と呼んでくれる」と明かし、星野さんと仲むつまじい様子をみせた。

 2人は映画初共演。星野さんは「ドラマ『コウノドリ』の数シーンでご一緒しましたが、どういうふうに仕事をするのかわかっていなかった。これまでたくさんの役柄を演じているのでどの小栗旬が素なんだろう」と共演を心待ちにしていたという。実際に撮影で同じ時間を過ごし「小栗さんは落ち着いて現場にいるタイプ。現場での居方にシンパシーを感じて、この人好きだなと思った。かなり仲良くなりましたね」と笑顔だった。

 この日は映画のストーリーにかけ「声診断」を実施。先月末に行われたイベント時の声を分析し、周波数からその人の内面や思考をひもといていった。小栗さんは監督や経営者に向いていると判断され「いいですね! パーフェクト、うれしいです」とご満悦。一方「冷静な面と情熱な面を兼ね備えている万能タイプ」とされた星野さんは「予想外。勘で生きているので万能と言われたのは初めてかも」と意外な結果に驚いていた。

 お互いの声については、「星野源ボイスは罪な声ですよね。気持ちを穏やかにしてくれる声の持ち主」と小栗さん。星野さんは「(小栗さんは)ハスキーボイス。テレビ越しだと気付かなかったけど、最近隣で取材を受けていると胃のあたりが震える。おなかのあたりに響く」と“イケボ”を褒めあっていた。

 映画は、小説家・塩田武士さんのベストセラー作品を原作に、昭和最大の未解決事件の真相を突き止めようと奮闘する男たちの姿を描く。小栗さんは事件を追いかける新聞記者の阿久津、星野さんは幼いころの自分が事件と関わっていたことを知る曽根を演じている。イベントには土井監督も登壇した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る