石原夏織:「どうにかなる日々」で魔性の女の子に!? 小学生時代は…

アニメ
「どうにかなる日々」の舞台あいさつに登場した木戸衣吹さん(左)と石原夏織さん

 「放浪息子」「青い花」などの志村貴子さんのマンガが原作の劇場版アニメ「どうにかなる日々」(佐藤卓哉監督)の舞台あいさつが10月24日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、声優の石原夏織さん、木戸衣吹さんらが登場した。男の子しんちゃんを演じた木戸さんは、石原さんが演じる女の子みかちゃんについて「魔性の女ですよ。すごいです!」と話し、石原さんは「自分が小学生の時は何にも考えていなった……」と語った。また、木戸さんは自身の子供時代を「私は雪国(出身)なので雪を食べていました。かき氷だ!って(笑い)」と明かした。

 石原さんは同作について「みかちゃん、しんちゃんのやりとりを見て、小学生時代を思い出し、自分とは違うけど、心が温かくなりました。ポカポカする優しい作品です」と話した。舞台あいさつには、小松未可子さん、櫻井孝宏さん、山下誠一郎さんも登壇した。

 「どうにかなる日々」は、かつての恋人の結婚式で出会った2人の女性の揺れる思いを描いた「えっちゃんとあやさん」、教え子の突然の告白に翻弄(ほんろう)される男子校教師を描いた「澤先生と矢ヶ崎くん」、思春期を迎える幼なじみ2人の距離感ともどかしさを描いた「しんちゃんと小夜子」「みかちゃんとしんちゃん」の4エピソードをアニメ化。“誰かの恋”を優しく見守り、温かく描く。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る