天空侵犯:サバイバルマンガがアニメ化 Netflixで2021年2月配信 声優に白石晴香、青木志貴、榎木淳弥、関根明良、梅原裕一郎

アニメ マンガ
「天空侵犯」の2種のキービジュアル(C)三浦追儺・大羽隆廣・講談社/天空侵犯製作委員会

  DeNAのマンガアプリ「マンガボックス」で連載されたサバイバルアクションマンガ「天空侵犯」がアニメ化され、2021年2月にNetflixで全世界独占配信されることが明らかになった。白石晴香さんが主人公の女子高生・本城遊理を演じるほか、青木志貴さん、榎木淳弥さん、関根明良さん、梅原裕一郎さんが出演することも発表された。

 キービジュアルも公開された。主人公の女子高生・本城遊理とナイフ使いの女子高生・二瀬真由子、怪しげなメイド姿の仮面のキャラクターがそれぞれ描かれた2種のビジュアルとなっている。遊理が敵と戦う様子を描いたティザーPVも公開された。

 「天空侵犯」は、「亜人」などで知られる三浦追儺さんが原作、「ボックス!」などの大羽隆廣さんが作画を担当。2014~19年に「マンガボックス」で連載された。地上に降りることができない高層ビル群を舞台に、主人公の女子高生・本城遊理が仲間と協力し、謎の仮面と戦うサバイバルアクション。

 アニメは、たかたまさひろさんが監督を務め、待田堂子さんがシリーズ構成を担当する。「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」「ぐらんぶる」などゼロジーが制作する。

 原作の三浦さんは「日本には怖い物を並べた『地震・雷・火事・親父』という言葉があります。『親父』が入っているのはジャパニーズジョークなのでここでは忘れてください。この中に『高所』があってもいいのではないかと。高層ビルという簡単に到達できる高所が乱立する現代では特に。高所マジ怖いんで。親父と同じくらい怖い」とコメントを寄せている。

 原作マンガの作画担当の大羽さんは「アニメ化らしいです! こんな日がくるとは。素直にうれしい! 形にしていただいた製作陣の方々に本当に感謝いたします。主人公たちと仮面たちの戦い、高層ビルだらけの異世界、緊張感のある作品に仕上がってると思います! 皆さんもぜひご覧になっていただけたら幸いです」とメッセージを送った。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:たかたまさひろ▽シリーズ構成:待田堂子▽キャラクターデザイン・総作画監督:植田羊一▽音楽:t atsuo、酒井陽一▽アニメーション制作:ゼロジー

 ◇キャスト(敬称略)

 本城遊理:白石晴香▽二瀬真由子:青木志貴▽新崎九遠:関根明良▽本城理火:榎木淳弥▽スナイパー仮面:梅原裕一郎

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る