映画プリキュアミラクルリープ:#プリキュアメッセージリレー 悠木碧「より皆さんの心に希望を届ける一作」

アニメ
「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」のビジュアル(C)2020 映画プリキュアミラクルリープ製作委員会

 人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの劇場版アニメ「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」(深澤敏則監督)の公開を記念して、劇場版の公式ツイッターで声優陣やスタッフのコメントを紹介する企画「#プリキュアメッセージリレー」が実施された。「ヒーリングっど プリキュア」の声優陣のコメントを紹介する。

 劇場版は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2度の公開延期を経て、10月31日に公開された。「ヒーリングっど プリキュア」の花寺のどか(キュアグレース)役の悠木碧さんは「延期続きで悔しい思いもありました」「もしかしたら、日々と戦う今だからこそ、より皆さんの心に希望を届ける一作として、世に打ち出される意味が強くなったんじゃないかとも思っています」と思いを明かした。

 沢泉ちゆ(キュアフォンテーヌ)役の依田菜津さんは「皆さんの応援のおかげで、公開までワクワクした気持ちで待つことができました」、平光ひなた(キュアスパークル)役の河野ひよりさんは「アフレコをしている時、大きな画面でお友達皆が見てくれる姿を想像していました。その姿が、ひなたを演じる時の一番の力の源です!」とコメント。

 ラテ役の白石晴香さんは「延期になっていた期間も『みんな気持ちは同じ。一緒に今を乗り越えるんだ!』という気持ちでいたので、映画のストーリーにつながる部分があるのではないかと思います」と語った。

 劇場版は、第17弾「ヒーリングっど プリキュア」、第16弾「スター☆トゥインクルプリキュア」、第15弾「HUGっと!プリキュア」の3世代のプリキュアが登場。プリキュアが“今日の世界”に閉じ込められてしまい、毎日同じ“今日”を繰り返すことになる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る