SixTONES:自身にとってのヒーローは「笑顔を与えられる人」 ジェシーはジム・キャリー、松村北斗は大泉洋が憧れ

芸能
「GQ メン・オブ・ザ・イヤー2020」のフォトコールに出席した「SixTONES」のジェシーさん(左)と松村北斗さん

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」が今年最も輝いた男性に贈られる「GQ メン・オブ・ザ・イヤー2020」に選ばれ、ジェシーさん、松村北斗さんが11月23日、東京都内で行われたフォトコールに出席。自身にとってのヒーロー像を聞かれた2人はそろって「笑顔を与えられる人」と答え、ジェシーさんは「ジム・キャリー」、松村さんは「大泉洋さん」とそれぞれ憧れの人物を明かした。

 ジェシーさんは、キャリーさんについて「笑いを届けることで明日も頑張って生きられると思わせてくれた。僕も人々に笑いで影響を与えられたら」と話し、松村さんは大泉さんについて「いろいろなものを通して人々を笑顔にしている方ですし、やっていること全てが本業のようなところに憧れている」と理由を語った。

 同賞は、男性向けライフスタイル誌「GQ」日本版(コンデナスト・ジャパン)が2006年から毎年選出している。15回目の今年はSixTONESのほか、人気グループ「Snow Man」、歌手で俳優の星野源さん、俳優の本木雅弘さん、お笑いコンビ「EXIT」、歌手の瑛人さん、フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん、プロテニス選手の大坂なおみ選手、映画監督の黒沢清監督、テレビディレクターで監督の福澤克雄監督、ファッションデザイナーのNIGOさんも受賞した。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る