日野聡:“煉獄杏寿郎”声優が日本シリーズ第3戦ナレーション 「SBの勢いがすごい!」

アニメ テレビ
11月24日放送の「SMBC 日本シリーズ 2020 第3戦 ソフトバンク×巨人」でナレーションを務める日野聡さん=テレビ朝日提供

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)を演じた声優の日野聡さんが、11月24日午後6時15分からテレビ朝日系で放送されるプロ野球日本シリーズ第3戦「ソフトバンク対巨人」のナレーションを務めることが分かった。

 日野さんは「野球選手の役はアニメーションでやらせていただいたことがありますが、プロ野球中継の時に流れるナレーションのお仕事というのは今回が初めてです。最近は野球を見る機会が減っていたのですが、原辰徳監督が現役の時や、松井秀喜さんが現役の頃はハマッていてよくテレビや球場に足を運んで試合を見ていました。また、父が巨人ファンで、物心がついた時にはテレビに野球が流れていた記憶がありますので、今回お話をいただいた時は本当にうれしかったです」とコメント。

 ソフトバンクの2連勝で迎える第3戦について「ソフトバンクでは周東佑京選手の盗塁が気になりますね。あと、甲斐拓也選手や柳田悠岐選手。そして巨人では坂本勇人選手、岡本和真選手、丸佳浩選手のクリーンナップに注目しています。そして現在2戦目まで終わって、ソフトバンクの勢いがすごいと思います!」と語った。

 続けて「野球は見ている人にエネルギーを与えてくれるスポーツだと思うんです。今年はコロナの影響を受けて、なかなか試合が開催できない期間がありましたよね。そんな中、この日本シリーズで選手の皆さんが戦い抜く姿を見られるというのは本当に幸せなことだと思います。元気と勇気を与えてくれる両チームの選手の皆さんに『ありがとうございます』という感謝の気持ちを伝えたいです」と話した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る