ライアー×ライアー:SixTONES初の映画主題歌 松村北斗が“金髪ギャル”の森七菜をぎゅっ 本ポスター&本予告も解禁

映画「ライアー×ライアー」のポスタービジュアル(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
1 / 1
映画「ライアー×ライアー」のポスタービジュアル(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんと女優の森七菜さんがダブル主演を務める映画「ライアー×ライアー」(耶雲哉治監督)の公開日が2021年2月19日に決定し、SixTONESが主題歌を務めることも発表された。同グループが映画の主題歌を担当するのは初めて。タイトルは「僕が僕じゃないみたいだ」で、松村さんは楽曲について「ストーリーを踏襲した、心を切なく締め付ける強い思いを感じる曲に仕上がりました。この一曲により、作品もSixTONESも、今まで見たことのない顔を見ることができました」と話している。

 併せて、本ポスタービジュアルと、主題歌が使用された本予告映像も公開された。本ポスターには松村さんが“金髪ギャル”に扮(ふん)した森さんを抱き寄せる姿、本予告には2人が仲良くデートする様子や、松村さんが森さんをぎゅっと抱きしめるシーンなどが収められている。そのほかに、小関裕太さん、堀田真由さん、「Travis Japan」の七五三掛(しめかけ)龍也さんも登場している。

 映画は、「私×義弟×JK姿の私」という“2人なのに三角関係”の恋模様を描いた金田一蓮十郎さんの同名マンガが原作。友人の頼みで友達の高校時代の制服を着てギャルメークで街に出かけた湊(森さん)は、同居中の同い年の義弟・透(松村さん)と街で遭遇してしまう。湊はとっさに別人の“女子高生・みな”と名乗り、それを信じた透はあろうことかJK姿の“みな”に一目ぼれし、猛アプローチをかける……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る