極主夫道:第9話視聴率7.7% 玉木宏ら、家族崩壊の危機? 水野美紀&国生さゆりも登場

連続ドラマ「極主夫道」第9話のワンシーン(C)ytv
1 / 1
連続ドラマ「極主夫道」第9話のワンシーン(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)第9話が12月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 今回は、虎二郎(滝藤賢一さん)の情報屋・お京役で水野美紀さんがゲスト出演したほか、国生さゆりさんも登場した。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」と言われ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍(玉木さん)が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第9話は、龍は向日葵(白鳥玉季さん)が病院にいると知らされて駆け付ける。向日葵がクラスメートとけんかをしてケガをさせてしまった。数日後、学校をサボっていた向日葵が警察に保護される。向日葵の様子を心配した美久(川口春奈さん)は、雅(志尊淳さん)に相談。向日葵は、雅に、血のつながっていない龍にとって自分はどうでもいい存在なのではないか、と打ち明ける。

 向日葵の思いを知った美久は、龍がどれだけ向日葵を思っているのか証明しようとする。雅も向日葵に龍の思いを伝えるための作戦を立てる。そんな中、龍を鬼の形相にさせる大事件が起こる……というストーリーだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る