呪術廻戦:第13話「また明日」 虎杖&七海の息の合った攻撃 真人は“死”を感じ…

「呪術廻戦」の第13話「また明日」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 10
「呪術廻戦」の第13話「また明日」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の第13話「また明日」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で12月25日深夜に放送される。

 七海建人は、間一髪で真人の一撃を防ぎ、虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)を救う。確実に真人を祓(はら)うため虎杖と七海は息の合った攻撃を重ねる。真人は改造人間を使い、虎杖を精神的にも追い詰めようとするが、虎杖はそれを乗り越える。畳み込まれる攻撃に追い込まれた真人は“死”を感じる。

 「呪術廻戦」は、強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。原作は、2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載中。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る